Cannondale 2020年モデル:フレームを一新したクロスバイク「QUICK DISC 3」


Cannondale(キャノンデール)のクロスバイク「QUICK(クイック)」シリーズが、2020年モデルでフレームを一新。

いくつかグレードがある中で、おすすめは最上位モデルの「QUICK DISC 3」でしょう。



もともと、扁平加工が施され振動吸収性に優れるSAVEシートステーを採用していたQUICKシリーズですが、2020年モデルではチェーンステーも湾曲させて、より路面からのショックを吸収しやすい構造となっています。

Cannondaleが導入を進める「Intellimount(インテリマウント)」ステムを標準装備。「SP CONNECT」のマウントで簡単にスマートフォンを搭載できます。

なお、スマートフォンケースや既存スマートフォンケースに取り付けるアダプタは、別売となっています。

フロントハブ付近に、ガーミンと共同開発したというセンサーが搭載されていて、移動速度や距離を計測し、Cannondaleのアプリでスマートフォンに表示させることが可能です。

メインコンポーネントは、リア9段のシマノ・アルタス。クランクセットはProwheelのダブル仕様なので、2×9の18スピードです。そしてブレーキはTEKTROの油圧ディスクとなっています。

エルゴノミックデザインのグリップや、快適性が高い穴あきサドルを標準装備。

バルブが米式でした。最近ちょっと珍しいかも?

全4色のカラーバリエーション。サイズはS、M、L、XLが用意されています。

価格は75,000円(税別)です。

リンク: キャノンデール | Cannondale Bicycles

関連記事: おすすめクロスバイク&街乗り自転車2019-2020年版:いい自転車と暮らそう – CyclingEX

(Gen SUGAI)