BRI-CHAN:今時の「電動アシストじゃない街乗り自転車」の企画やデザインについてブリヂストンサイクルに聞いてみた(前編)


CyclingEXが参加し、隔週金曜日に更新しているブリヂストンサイクルのファンサイト「BRI-CHAN」。今回は、BRIDGESTONE GREEN LABEL(ブリヂストン グリーンレーベル)の商品企画担当者とデザイナーにお話を伺う機会を得ました。

近年、日本の自転車メーカーは電動アシスト自転車に注力する一方で、電動アシストではないふつうの自転車、しかも大手のチェーン店で安価に売られるものではなく、それなりの値段がするしっかりした「ふつうの自転車」に力を入れているのは、ブリヂストンサイクルくらいなものだと言っても差し支えないと思います。

中でも「BRIDGESTONE GREEN LABEL」は、いわゆるシティサイクルから街乗り向けのクロスバイクまで幅広いラインナップを用意しつつ、それらを共通のトーンでまとめ上げているのが特徴です。今回はそのラインナップを改めて紹介しつつ、商品企画について「中の人」に存分に伺いました。

前編・後編の2回に分けてお届けします。後編は後日掲載予定です。

スポーツサイクルだけでなく、普段使いも「いい自転車」に乗りたいと思う人は、ぜひ読んでみてください。

リンク: 見た目も使い心地もあきらめない自転車を選ぼう!BRIDGESTONE GREEN LABEL企画・開発担当者インタビュー(前編)

●BRI-CHANとは
日本を代表する自転車メーカー・ブリヂストンサイクルのファンサイトとして、2016年1月よりスタート。CyclingEXが編集部(チーフブロガー)として参加しています。
リンク: BRI-CHAN – bridgestone greenlabel fan channel「ブリチャン」

(Gen SUGAI)