GIANT 2019年モデル:未舗装路に対応しつつオンロードも快適な「ANYROAD」と「TOUGHROAD」


GIANT(ジャイアント)の2019年モデルから、路面を選ばず多用途なスポーツバイク「ANYROAD(エニーロード)」と「TOUGHROAD(タフロード)」を紹介します。

ANYROAD 1 photo_ジャイアント

ここ数年「グラベルロードバイク」が注目されています。GIANTは以前から、オンロードにも未舗装路にも対応するスポーツバイクを「X-ROAD」というカテゴリーに位置付け、多彩なラインナップを展開してきました。今回紹介するのは、同社のマトリックスで「X-ROAD × SPORTS」に位置付けられているものです。

誰にでも扱いやすいドロップハンドルモデル「ANYROAD」

「ANYROAD」は、ロードバイクでもシクロクロスバイクでもない、多用途なドロップハンドルのスポーツ自転車です。同社のグラベルロードバイク「REVOLT(リボルト)」と比べると、よりいっそうとっつきやすく、ビギナーでも安心して乗れる工夫がなされています。

上位モデルの「ANYROAD 1」は700×30C(チューブレスレディ)タイヤ、そしてエントリーモデルの「ANYROAD 3」は700×32Cと、太めで未舗装路にも対応可能なタイヤを標準装備しています。

ANYROAD 1 photo_ジャイアント

どちらのモデルも機械式ディスクブレーキの中では比較的評価のよい「TRP SPYRE C」を採用、そしてドロップハンドルの手前側でもブレーキ操作が可能な、サブブレーキレバーも備えています。このサブブレーキレバーはANYROADシリーズのために専用設計されたもので、ドロップハンドルが初めての人にとっては安心感があり、ありがたい装備でしょう。

ANYROAD 3 photo_ジャイアント

価格は、シマノ・ティアグラ完成車の「ANYROAD 1」が150,000円(税別)、シマノ・クラリス完成車の「ANYROAD 3」が105,000円(税別)となっています。



コミューターにもツアラーにもなる「TOUGHROAD」

続いて紹介するのは「TOUGHROAD」。2019年モデルは「TOUGHROAD SLR 2」という1グレードのみの展開になってしまい、やや地味な印象はありますが、高い実力と万能性を秘めたスポーツバイクです。

TOUGHROAD SLR 2 photo_ジャイアント

パッと見た感じでは、ほとんど「フルリジッドのMTB(マウンテンバイク)」といった印象です。そのアルミフレームは軽量かつ高剛性で、しかも丈夫さも実現しています。キャリアやバイクパッキングによって荷物をたくさん積んでも、安定した走行が可能です。

700×50Cという太いサイズのチューブレスレディタイヤ(セミブロックパターン)を標準装備していて、エアボリュームが多いので快適性にすぐれ、外径が大きいので巡航スピードを高めることもできます。

さらに注目したいのがギアで、メインコンポーネントはリア9速のシマノ・アセラですが、チェーンリングは44/32/22Tのトリプル、カセットスプロケットは11-34Tを装備しワイドなギアを実現しています。フロントギアをミドルにすればマイペースのポタリングから坂道までカバーできますし、高速巡航したいときはアウターに、そして荷物を積んだ激坂ではインナーを——といったように、どんな場面にも対応できます。

価格は115,000円(税別)。コミューターとして、旅の相棒として、そしてロードバイク乗りのセカンドバイクにもよいのではないでしょうか。

リンク: Giant Bicycle [ Bikes ]

(Gen SUGAI)