Challengeのシクロクロス用チューブレスレディタイヤが登場

カワシマサイクルサプライが、「Challenge(チャレンジ)」のシクロクロス用チューブレスレディタイヤを発売しています。タイヤマウントツールも用意されます。

●GRIFO TLR(グリフォTLR)

photo_カワシマサイクルサプライ

多様な路面コンディションに対応する、ベーシックモデル。

サイズ:700×33C
適用リム幅:15-19mm
空気圧:3.1-5.1bar、40-75psi
カラー:ブラック×ブラック
価格:5,280円(税別)

●CHICANE TLR(シケインTLR)

photo_カワシマサイクルサプライ

トップ部分はやすり目、サイドはブロックを配し、スピードを上げるのに適したタイヤ。

サイズ:700×33C
適用リム幅:15-19mm
空気圧:3.1-5.1bar、40-75psi
カラー:ブラック×ブラック
価格:5,280円(税別)

●LIMUS TLR(ライムスTLR)

サイドにY字状のブロックをもつ、ディープマッド用タイヤ。

photo_カワシマサイクルサプライ

サイズ:700x33C
適用リム幅:15-19mm
空気圧:3.1-5.1bar、40-75psi
カラー:ブラック×ブラック
価格:5,280円(税別)


●クリンチャーマウントツール

photo_カワシマサイクルサプライ

コの字型の部分をリムに当て、内側にフックしている先端でタイヤをひっかけて嵌め込むタイヤマウントツール。

価格:1,560円(税別)

リンク: カワシマサイクルサプライ

(Gen SUGAI)



投稿者:

須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。