JAMIS 2019年モデル:アドベンチャーロードバイクのような走りをフラットハンドルで楽しめる「SEQUEL」

JAMIS(ジェイミス)のSEQUEL(セクエル)は、クロモリフレームに650B×47Cタイヤ、そしてフラットハンドルを組み合わせ、街乗りからアドベンチャーまでこなすニューモデルです。

photo_ジャイミスジャパン

JAMISの得意分野であるアドベンチャーロードバイクの雰囲気を、クロスバイクと融合させたとでも言いましょうか。



フレームの素材はレイノルズ・520クロモリです。

アドベンチャーライドにも対応すると謳うだけあって、ダウンチューブ下にもボトルケージ台座を装備しています。

もちろん、フロントフォークにも。

photo_ジャイミスジャパン

メインコンポーネントはリア10速のシマノ・デオーレですが、フロントはFSAのシングル仕様。チェーンリングは40Tで、リアのスプロケットは11-42Tを装備しています。

また、ブレーキはシマノのBR-MT200油圧式ディスク(160mmローター)となっています。

タイヤサイズは冒頭に書いたように、650B×47Cです。使われているのはWTB Bywayですが、フレームカラーによってタイヤカラーも変えてあるのがポイント。

フレームカラーは「Desert Storm」と「Chacoal」の2色、サイズは15インチ、17インチ、19インチの3種類を用意。重量は12.7kgとなっています。

価格は115,000円(税別)です。

リンク: ジェイミスジャパン

(Gen SUGAI)