Cannondale 2019年モデル:ロードバイクをカジュアルに楽しむ「CAAD Optimo Claris Flat Bar」


Cannondale(キャノンデール)の2019年モデルから、フラットバーロードバイクの「CAAD Optimo Claris Flat Bar」を紹介します。

photo_キャノンデール・ジャパン

製品名からもわかるとおり、同社のアルミロードバイクのエントリーモデル「CAAD Optimo」をフラットバーとしたものです。



CAAD Optimoのフラットバーモデルは以前にもラインナップにありましたが、2019年モデルではより街乗りに適した内容になっています。

以前のモデルではフロントダブル仕様でしたが、2019年モデルのCAAD Optimo Claris Flat Barはフロントシングルを採用。チェーンリングは38Tとなっています。リアのスプロケットは11-32T(8速)なので、街中での使い勝手を考慮しているのが伺えます。

エルゴノミック形状のグリップと、バーエンドを備えているのも特徴です。

ロードバイクのCAAD Optimoがベースなので、当然ブレーキはロードバイク用のキャリパーブレーキ。プロマックスのRC-476が装備されています。

また、タイヤはヴィットリア・ザフィーロ 700×25Cで、こちらもドロップハンドルのCAAD Optimoと同様です。

「ロードバイクが欲しいけど、いきなりドロップハンドルの自転車に乗るのは抵抗がある」という人は少なくないので、まずはCAAD Optimo Claris Flat Barから始めて、慣れたらハンドル、シフト&ブレーキレバー、クランクセットを交換するのもアリでしょう。

CAAD Optimo Claris Flat Barの価格は、79,000円(税別)です。

リンク: キャノンデール

※本稿執筆段階ではWebサイトメンテナンス中

関連記事: Cannondale ロードバイク2019モデル:フルカーボンフォークになった「CAAD Optimo Sora」 – CyclingEX

(Gen SUGAI)