ZwiftのコースにUCIロード世界選手権2018開催地のインスブルックが登場

Zwiftが、UCIロード世界選手権2018開催地であるオーストリア・インスブルックの周回コースを追加しています。

1周24kmの周回コースは、今年9月の世界選手権で使用されるもの。画面内でチロル地方の名所を風景を眺めつつ、Zwiftのライドを楽しむことができます。

Zwiftでは、このインスブルックのコースを今年9月にUCIロード世界選手権2018の大会が終了した後も利用できると発表しています。

以下、ギャラリーです。

リンク: Zwift

余談ですが、先日サイクリストの方と朝の8時にテラス席のあるお店で待ち合わせをしたにも関わらず、お互い当初は自転車で行くつもりだったのに、私は路線バス、相手の方はクルマで向かい、しかも朝8時ですでにテラス席は灼熱で、近くのコメダに入って涼む……という出来事がありました。

そのときの会話で、相手の方から「猛暑はやっぱりZwiftですよ!」と聞かされ、私も一気に心が傾いています。次に買うべきものは、新しい自転車よりスマートトレーナーか!?

(Gen SUGAI)





投稿者:

須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。