SPECIALIZED 2019年モデル:VENGEのセカンドグレード「VENGE PRO」登場

SPECIALIZED(スペシャライズド)が、エアロロードバイク「VENGE」シリーズのニューモデルである「VENGE PRO」を発表しています。

photo_スペシャライズド・ジャパン

このVENGE PRO、先に発表された新型S-Works VENGEと同じフレームを用いています。

photo_スペシャライズド・ジャパン

つまり、コンピューター上での形状シミュレーションと、自社風洞施設「Win Tunnel」を用いて開発され、エアロダイナミクス、軽さ、ハンドリングのすべてを追い求めたもの。もちろん「Rider-First Engineered」により、フレームサイズごとに最適な性能を実現しています。

photo_スペシャライズド・ジャパン

S-Worksと異なるのは、メインコンポーネントがシマノ・アルテグラDi2となっていること。ブレーキもアルテグラDi2の油圧ディスクとなっています。組み合わされるホイールは「Roval CL 50ディスク」です。

photo_スペシャライズド・ジャパン

カラーはマットブラックのみですが、すべてのロゴやPOWER EXPERTサドル、バーテープはリフレクティブカラーとなっています。

価格は745,200円(税込)と、S-Works VENGEよりはずっとリーズナブル。S-Works VENGEが買えるお金があったとしても、バイクはVENGE PROにして、浮いた予算を周辺アイテムや遠征費に充てるのも、アリなんじゃないでしょうか!?

photo_スペシャライズド・ジャパン

●VENGE PRO DISC UDI2
価格:745,200円(税込) ※2018年10月1日より766,800円(税込)
カラー:BLK/BLK
サイズ:49、52、54、56

製品情報 http://www.specialized-onlinestore.jp/shop/g/g97819-1049/

関連記事: 第3世代に生まれ変わったSPECIALIZED S-Works Venge — 最高のエアロロードバイクはネットで注文できる!? – CyclingEX

(Gen SUGAI)





投稿者:

須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。