デイライトとして使えるBontragerの新型Ion RT/Flare RT


トレック・ジャパンが、「Bontrager(ボントレガー)」ブランドの新型ライト、Ion Pro RT/Ion 200 RT/Flare RTを発表しています。

●Bontrager Ion Pro RT(フロントライト)

photo_トレック・ジャパン

Ion Pro RTは、Ion 800の後継機種となるハイエンドフロントライト。日中のライドでも被視認性を高めるデイライトとして使用できる明るさをもっているのが特徴です。800に対して明るさは約60%アップし、1,300ルーメンの大光量。また、800ルーメン使用時のバッテリー持続時間も2倍になりました。

IPX5レベルの防水性能を確保しているので、天候に関わらず自転車通勤する人にも向いているでしょう。

ANT+およびBluetooth Smartを搭載し、手元でライトを操作できるトランスミッター(別売)やGarminのデバイスに対応しています。

充電:USB
モードと使用時間:1300LM-1.5時間、800LM-3時間、400LM-6時間、ナイトフラッシュ-26時間、デイフラッシュ-22時間
価格:15,648円(税別)

リンク: 製品情報

●Bontrager Ion 200 RT(フロントライト)

photo_トレック・ジャパン

最大200ルーメンと、日常的なライドに必要十分な明るさをもつ製品。IPX7レベルの防水性能をもち、周囲に合わせて明るさを自動調節するライトセンサーを搭載するなど、機能は充実しています。

こちらも、ANT+およびBluetooth Smartを搭載し、手元でライトを操作できるトランスミッター(別売)やGarminのデバイスに対応します。

充電:USB
モードと使用時間:200LM-1.5時間、100LM-3時間、5LM-14.5時間、ナイトフラッシュ-30時間、デイフラッシュ-12時間
価格:6,944円(税別)

リンク: 製品情報

●Bontrager Flare RT(リアライト)

photo_トレック・ジャパン

明るさが従来モデルより約40%アップし90ルーメンとなった、テールライトです。IPX7レベルの防水性能をもち、明るさを自動調節するライトセンサーを搭載。新型「Madone SLR」のシートポストにフィットするマウントが付属しています。

ANT+およびBluetooth Smartを搭載し、手元でライトを操作できるトランスミッター(別売)やGarminのデバイスに対応します。

充電:USB
モードと使用時間:フラッシュモード/90ルーメン-6時間、45ルーメン-12時間、5ルーメン-15時間
         ステディーモード/25ルーメン-4.5時間、5ルーメン-13.5時間
価格:6,944円(税別)

リンク: 製品情報

(Gen SUGAI)