キャノンデールがXCレース向けハードテールの新型「F-Si」とレフティの新作「LEFTY OCHO」を発表

Cannondale(キャノンデール)から、XCレース向けのハードテール「F-Si」の2019年モデルと、片持ちサスペンションフォーク「LEFTY OCHO」を発表しています。

photo_キャノンデール・ジャパン

カーボンのF-Si Hi-MODフレームは重量わずか900gですが、激しくて高速なXCレースに必要な剛性と衝撃吸収性能をもちあわせます。

photo_キャノンデール・ジャパン

427mmという短いチェーンステイ長により、登坂力、俊敏性、スプリントでの加速性能を実現。

photo_キャノンデール・ジャパン

そして寝かせたヘッドアングルとLEFTY OCHOフォークにより、下り性能も確保。近年の激しいXCコースに対応しています。

photo_キャノンデール・ジャパン

片持ちサスペンションフォーク「LEFTY OCHO」は、レフティとしては初めてシングルクラウン化を果たし、従来のレフティフォークより250g以上軽量になりました。

photo_キャノンデール・ジャパン

新型F-Siは3モデルをラインナップ。いずれも29erで、上位2モデルがLEFTY OCHOフォークを採用します。

●F-SI HI-MOD 1

photo_キャノンデール・ジャパン

フレーム:ALL-NEW F-Si、Hi-MOD BallisTec Carbon、SAVE
フォーク:ALL-NEW Lefty Ocho Carbon Chamber Damper with Cable Lockout 100mm Travel
メインコンポーネント:SRAM XX1 Eagle、X01 Eagle
価格:750,000円(税別)

●F-SI CARBON 4

photo_キャノンデール・ジャパン

フレーム:ALL-NEW F-Si、BallisTec Carbon、SAVE
フォーク:ALL-NEW Lefty Ocho Chamber Damper with Cable Lockout 100mm Travel
メインコンポーネント:SRAM 12-speed(詳細未発表)
価格:340,000円(税別)

●F-SI CARBON 5

photo_キャノンデール・ジャパン

フレーム:ALL-NEW F-Si、BallisTec Carbon、SAVE
フォーク:RockShox Reba RL 100mm Solo Air 15×110
メインコンポーネント:SRAM 12-speed(詳細未発表)
価格:250,000円(税別)

情報源: Cannondale Bicycles

(Gen SUGAI)





作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。