パナソニック サイクルテックが電動アシストMTB「XM1」を発表


パナソニック サイクルテックは、電動アシストMTB「XM1(エックスエムワン)」を2017年9月1日より発売すると発表しています。

クランク合力方式のアシストユニットを搭載し、バッテリーはダウンチューブと一体的にデザイン。ただし完全にダウンチューブと一体化しているわけではなく「セミインテグレーテッド」と説明されています。バッテリーをダウンチューブと一体化させるデザインは欧州では人気のようですが、重量増につながるため、現実的な妥協策をとったのでしょう。

フロントフォークはリモート付きのSR SUNTOUR RAIDON-XC RLR DS(100mm)を採用。ホイールサイズは27.5インチで、タイヤは27.5×2.2の「MAXXIS IKON ebike」という、マキシスのeBike用ブロックタイヤが使われています。

1充電あたりの走行距離は、ハイモードで42km、オートモードで54km、エコモードで78km。山の中に入れば当然走行距離は変わってくるでしょうが、エコモードで78km走ってくれれば、週末のちょっとしたサイクリングでも安心です。

フレームサイズが400mmしかないのが弱点といえば弱点で、適応身長は157cm~183cm(股下72~84cm)とされています。

価格は330,000円(税別)となっています。

情報源: XM1(エックスエムワン)|自転車|Panasonic

パナソニック サイクルテック株式会社は、新開発したスポーツドライブユニットを搭載することで高い走破性を実現し、フレームと一体化したバッテリー搭載で機能美も高めた電動アシストマウンテンバイク「XM1」を2017年9月1日より発売します。

情報源: 電動アシストマウンテンバイク「XM1」を発売 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan

(Gen SUGAI)