1台で誰にでも、どんな用途にも合う「stijncycles Peg」


TIMEやORBEA等の代理店として知られる株式会社ポディウムの製品カタログやWebサイトを見ていると、見慣れない自転車が目につきました。しかし、そのブランド名には記憶がありました。ベルギーのフランダースで生まれたステイン・デフェルム氏が2007年に立ち上げた「stijncycles(ステインサイクルズ)」から、まったく新しい自転車が発売されたのです。

photo_stijncycles

自転車競技が盛んな土地で生まれ、自身もプロの自転車選手として活躍したのち、自転車デザイナーの道へと進んだステイン・デフェルム氏。Riese and Muller(ライズ&ミューラー)でシティバイクやBIRDYのモノコックモデルなどに関わり実績を挙げる一方で、2007年にはstijncyclesを立ち上げ、イベントやSNSで彼の自転車を見かける機会はありましたが、実際にstijncyclesの製品として発売されたのは、今回紹介する「Peg」が初めてです。

photo_stijncycles

Pegは20インチ(451サイズ)のホイールを前提としたフレームです。「Pegロード」はディスクブレーキ用のフレームで、406サイズのホイールを使用することもできます。しかし、ステイン・デフェルム氏はいわゆる小径車、愛らしいミニベロにロードバイク並みの走行性能を持たせて——と考えていたわけではありません。

photo_stijncycles

ひとつのフレームでどんな人も合い、パフォーマンスを求める人も、旅する人も満足できる——独自のジオメトリーをゼロから設計することで、既存の自転車の壁を打ち破り、どんなジャンルにも属さない、誰でもどんなふうにも乗れる自転車ができあがりました。つまり、理想のバイクを追い求めた結果、451ホイールを採用したこの形状に行き着いたというわけです。

フレームサイズは1種類だけですが、身長約140〜200cmまで対応。フラットハンドルでもドロップハンドルでもOKです。ダイナミックな加速と意のままに曲がれるハンドリングをもつハイパフォーマンスモデルでありながら、キャリアを取り付けてツーリングバイクとして使うこともできます(フロントキャリアは付属)。折りたたみ自転車ではありませんが、輪行状態にするとフレームがホイールの直径よりも低くなるほどコンパクトです。

photo_stijncycles

シングルスピードの完成車(キャリパーブレーキ仕様)も用意されています(上の写真はトラックバイクへカスタムした様子)。

「Peg ロード」のフレームセット+ホイールセットは、198,000円(税別)。そしてシングルスピードの完成車(フリー/固定両対応)は176,000円(税別)です。

詳しい製品情報はポディウムのWebサイトで、そしてステイン・デフェルム氏がPegに込めた想いはstijncyclesでごらんください。

リンク: stijncycles | 株式会社ポディウム

リンク: Intro : 日本語 – stijncycles

(Gen SUGAI)