デュアルドライブを採用したブリヂストンの子乗せ電動アシスト自転車「bikke MOB dd」


ブリヂストンサイクルは、前輪モーターを採用した「デュアルドライブ」の子乗せ電動アシスト自転車「bikke MOB dd」を発表、2017年10月上旬より発売します。

photo_ブリヂストンサイクル

情報源: <bikke シリーズの新モデル登場!!> 両輪駆動の「bikke MOB dd」新発売 ~bikkeシリーズ中、トップクラスで跨ぎやすく、乗り降りがし易い 両輪駆動モデルの電動アシスト自転車~|ニュースリリース 2017 |ブリヂストンサイクル株式会社

女性がまたぎやすい小径&低床フレームですが、前輪は少し大きくして(前24、後ろ20インチ)直進安定性と段差乗り越え時の走破性を向上させています。

photo_ブリヂストンサイクル

後輪は小さいので、チャイルドシートの位置が低く、子どもを乗せやすくなっています。

オプションで、フロントにもチャイルドシートを取り付けた姿です。

フロントバスケットとチャイルドシートが、操縦安定性をも考慮して絶妙に位置に来るようになっています。ちなみにバスケットが大型化されています。

標準装備されるリアのチャイルドシートですが、こちらも改良されています。

子どもの足の間に来るバックルが、自立するようになっています。子どもを乗せるとき、足やお尻の下にバックルが敷かれるようなことがないので、パパやママのイライラ解消!

走りの面での最大の特徴は、やはり「デュアルドライブ」でしょうか。前輪モーターを採用しています。後輪は、ブリヂストンお得意のカーボンベルトドライブで駆動。前輪にはモーター、後輪には人力で力が伝わるから「デュアルドライブ」です。

走行モードはエコ/オート/パワーの3モードを用意。左のブレーキをかけるとモーターの抵抗をブレーキ力に生かし、エネルギーをバッテリーへと回収する「回生ブレーキ(ブリヂストンサイクルでは回復充電と表現)」ももちろん装備しています。

短い試乗コースで試して見た限りでは、どのモードでもアシスト力が自然で、でもしっかりと力を感じることができ、乗りやすいと思いました。

回生ブレーキ対応、同社的に言うと回復充電機能付きの、リチウムイオンバッテリーです。

3年間の盗難補償付き、フレーム・フロントフォーク・ドライブユニットは3年間、バッテリーは2年間の保証付きで、さらには「あんしん傷害保険(1年間)」が付帯。価格は138,800円(税別)です。

ニュースリリース: <bikke シリーズの新モデル登場!!> 両輪駆動の「bikke MOB dd」新発売 ~bikkeシリーズ中、トップクラスで跨ぎやすく、乗り降りがし易い 両輪駆動モデルの電動アシスト自転車~|ニュースリリース 2017 |ブリヂストンサイクル株式会社

製品情報サイト: bikke|ブリヂストンサイクル

関連記事: The Japanese commuting e-bike “bikke MOB dd” with childseats – japan.cycling-ex.com

(Gen SUGAI)