ソレとコレとはどう違う:RITEWAY 2018年モデル「SHEPHERD」と「STYLES」


ライトウェイプロダクツジャパンが、同社のオリジナルブランド「RITEWAY」の2018年モデルとして発表した「SHEPHERD(シェファード)」と「STYLES(スタイルス)」。

日本人に合った街乗り自転車として開発され、見た目の似ている両者ですが、どんな違いがあるのでしょうか。

●フレームとサイズ

SHEPHERDはフレームとフロントフォークの素材がアルミで、軽くてシャープな走りが特徴。

一方のSTYLESはクロモリ(スチール)フレームで、初めて乗ると少しゴツッとした印象を受けるかもしれませんが、振動吸収性に優れた素材でやさしい乗り味が特徴です。

SHEPHERDは、460(24インチ)、510(26インチ)、570(700C)と3種類のフレームサイズを用意。サイズによりホイールの大きさも変えています。

STYLESは490(26インチ)、550(700C)の2種類。やはり、サイズによってホイールも変えています。

●ブレーキとタイヤ

SHEPHERDのブレーキは、クロスバイクで一般的な「Vブレーキ」と呼ばれるもの。STYLESのブレーキは、ロードバイクやツーリングバイクの一部で使われる「キャリパーブレーキ」。両者のブレーキに互換性はありません。

タイヤの太さは、径が同じ700Cで比較すると、SHEPHERDは700×38C、STYLESは700×32C。STYLESのほうが少し細くなっています。

●ハンドル周り

SHEPHERD、STYLESともにフラットハンドルです。SHEPHERDはグリップがエルゴノミックタイプ、STYLESのグリップはレザー風です。また、フレームとハンドルをつなぐステムは、SHEPHERDが「アヘッド式」、STYLESが「スレッド式」で、STYLESのほうがクラシカルな見た目になっています。

●ギア

フロントギアがシングルで、リアは8段変速。これは、SHEPHERDとSTYLESで共通です。

●ユーティリティ

こちらも、共通点。SHEPHERD、STYLESどちらも、キャリアやフェンダーを取り付けるための台座が備わっていて、フレームのダウンチューブと呼ばれるところの下側にまでボトルケージ台座が備わっています。ダウンチューブ下の台座は、主にツールケースを携行するのに使われます。

●価格とスペック

最後に、価格とスペックのおさらいです。

[SHEPHERD]
価格:55,800円(税別)
フレームサイズ:460(24インチ)、510(26インチ)、570(700C)
フレーム:6061アルミ
フォーク:6061アルミ
コンポーネント:シマノ・アルタス
変速段数:1×8
前ギア:700C=46T、26インチ&24インチ=48T
後ろギア:11-34T(8S)
タイヤ:700×38C/26×1.5インチ/24×1.5インチ

[STYLES]
価格:65,800円(税別)
フレームサイズ:490(26インチ)、550(700C)
フレーム:ダブルバテッド フルクロモリ
フォーク:ラグクラウン フルクロモリ
コンポーネント:シマノ・アルタス
変速段数:1×8
前ギア:700C=46T、26インチ=48T
後ろギア:11-34T(8S)
タイヤ:26×1.25インチ/700×32C

リンク: ライトウェイバイクブランドサイト

関連記事: RITEWAY 2018モデル:フロントシングルと割り切りつつ拡張性もある「SHEPHERD」 – CyclingEX

関連記事: RITEWAY 2018モデル:フルクロモリの街乗りバイク「STYLES」 – CyclingEX

(Gen SUGAI)