JR東日本千葉支社が自転車の旅をコンセプトにした専用列車「BOSO BICYCLE BASE」の概要を発表


JR東日本は、今年の春に告知していた「自転車の旅をコンセプトにした専用列車」について、列車愛称名を「BOSO BICYCLE BASE」(房総バイシクルベース)とし、2018年1月より運行開始すると発表しています。

車両のデザインや内装についても発表されました。

鉄道ファンのみなさんが予想していた通り、首都圏、房総地区等で通勤電車として活躍していた209系電車がベース。

縦置きのサイクルラック、クロスシートの乗車スペース、ロングシートや簡単な腰かけを備えるフリースペースなど。

気になる運行形態ですが、定期列車ではなく旅行商品として発売・運行となるそうです。

詳しくは、「BOSO BICYCLE BASE」のWebサイトで。ニュースリリースPDFへのリンクがあります。

愛車を車内のラックにセットして座席に腰をおろす。サイクリストにとって新しい房総の旅が始まる。

情報源: BBBASE | JR東日本旅客鉄道株式会社 千葉支社

※画像はすべてJR東日本千葉支社リリースより

(Gen SUGAI)