RITEWAY 2018年モデル:こっちのシェファードも継続なんです「SHEPHERD CITY」


RITEWAY(ライトウェイ)を代表するモデルである、クロスバイク「SHEPHERD CITY」。2018年モデルでは新たにその名も「SHEPHERD」というニューモデルが登場していますが、実はSHEPHERD CITYも継続です。

新型SHEPHERDがホリゾンタルデザインとフロントシングルを特徴としているのに対して、SHEPHERD CITYは後ろ下がりのスローピングフレームでまたぎやすく、フロントギアが3枚あるのが特徴となっています。つまり「SHEPHERD」と「SHEPHERD CITY」は棲み分けできるってわけですね。

「フルシマノ」を謳う、SHEPHERD CITY。メインコンポーネントはシマノ・ターニーです。

ブレーキも、シマノ製です。

際立った個性はないけれど、とてもバランスが良く、走りの軽さと安定感を味わうことができる1台です。

カラーは全11色。サイズは380、420、460の3種類で、価格は据え置きの53,000円(税別)となっています。

フォーチューンイエロー photo_ライトウェイプロダクツジャパン

このSHEPHERD CITY、2017年モデルのインプレッションを下記リンク先に掲載しています。

関連記事: ビギナーにおすすめ!クロスバイク選びで失敗したくないなら「フルシマノ」でいこう【2017年モデル版】 – CyclingEX

また、先に発表されている2018年モデルの「SHEPHERD」は、下記リンク先に掲載しています。

関連記事: RITEWAY 2018モデル:フロントシングルと割り切りつつ拡張性もある「SHEPHERD」 – CyclingEX

リンク: ライトウェイバイクブランドサイト

(Gen SUGAI)