マジョーラ トラペジウムのBRIDGESTONE ANCHOR「RNC7」

ブリヂストンサイクルのスポーツ車ブランド「ANCHOR(アンカー)」の中にあって、根強い人気をもつ「ネオコットクロモリ」フレーム。その独特の造形や乗り味はもちろんのこと、カラーオーダーで自分好みの1台に仕上げられるのも特徴です。

今回紹介するのは、横浜市内、相鉄線鶴ヶ峰駅の近くにある「山内輪店」にて納車された、ANCHOR RNC7です。

このRNC7のオーナーであるKさんが選択したカラーは、見る角度や光線状態によって表情が変化する「マジョーラ トラペジウム」。

日本ペイントが開発したマジョーラは、MAGIA(マジア、ラテン語で「魔法」の意)とAURORA(オーロラ)を組み合わせた造語。「トラペジウム」は、マゼンタからゴールドへと変化していくカラーです。

その名前のとおり、眺めていても飽きないロードバイクに仕上がっています。オーナーのKさんも、たいへん満足されているようです。

山内輪店は、アンカー カラーオーダーシステムのカラーサンプル設置店。フィッティングシステムも導入されています。

画像提供および記事協力: 山内輪店

リンク: ブリヂストンのスポーツバイク アンカー|anchor

関連記事: BRIDGESTONE ANCHOR RNC7 (MAZIORA Trapezium) – japan.cycling-ex.com

(Gen SUGAI)



作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。