道路の真ん中を電車が通る

江ノ電の江ノ島駅から腰越駅までの区間は、電車が道路の真ん中を走ります。江ノ電がもともと路面電車(軌道線)として開業した名残と言えるでしょう。境川に沿ってサイクリングをして、国道467号線の江ノ島駅入り口からまっすぐ腰越のほうへと進むと、道路の真ん中を通る線路と出会うことになります。

_DSC1186

いちおう、江ノ電の江ノ島駅にも寄っておきます。

_DSC0003

このように、道路の真ん中に線路が。

_DSC0005

とりあえず腰越駅の近くまで進んでみると、鎌倉方面から電車が来ました。ちなみにこちら側の信号は赤。

_DSC0011

というわけで信号に従って止まっているわけですが……

_DSC0014

すぐそばを電車が走り抜けていくのは珍しい光景です。

電車が接近すると沿道に設置された電光掲示板等で知らせてくれるので、ちゃんと左に寄って通行しましょう。クルマでは地元の人以外はわざわざ入らないほうが良さそうです。

撮影日:2012年12月25日
撮影場所:江ノ島駅、腰越駅付近

初出: ESCAPE AIRで輪行サイクリング! – ESCAPE USERS

関連記事: Enoden tram runs the street – japan.cycling-ex.com

(Gen SUGAI)