SPECIALIZED 2017年モデル:Sequoiaがクロモリのアドベンチャーロードとして復活


本日、スペシャライズドのWebサイトで2017年モデルが発表されていますが、その中で気になったのが「Sequoia Elite」というモデル。クロモリフレームのアドベンチャー・ロードバイクです。

Sequoia

Sequoia(セコイア)シリーズは、2000年代の半ばにコンフォート系のロードバイクとして登場していました。クロスバイクの「Sirrus(シラス)」とロードバイクの中間のような存在でした。

2017年モデルで登場した「Sequoia Elite」は、ロードバイクの性能とツーリングバイクの性能を融合して登場しました。

Sequoia_front

フレームはクロモリですが、クラシカルというわけではありません。テーパーヘッドやスルーアクスルが採用されていることがわかります。そしてフロントフォークにはキャリアの台座が設けられています。

Sequoia_rear

BBハイトを下げてホイールベースを長めとすることで、コントロール性を高めるとともに、荷物を積載したときでも乗りやすいように考慮されています。

メインコンポーネントはシマノ・105で、ブレーキもシマノの油圧ディスクを装備。タイヤは700×42mmとかなり太めのものです。

サイズ展開は50、52、54、56、58の5種類。価格は248,400円(税込)となっています。

リンク: Specialized Bicycle Components

(Gen SUGAI)