カーボン仕様から4段モデルまで!サイクリングとも相性が良いマンフロット「befree」シリーズ


私の周囲には自転車だけでなく写真も好きで、サイクリング先でも撮影を楽しんだり、自転車で風景写真を撮りに行ったりしている人が何人かいます。

私も実際、サイクリング中「ああ、この風景ちゃんとしたカメラで撮りたいなぁ!」と思うときがありますし、撮影メイン(建物とか猫とか)の街歩きをしているときに「っていうか、これ自転車で来たらいいんじゃないの!?」と思ったことも。

……などという前置きとともに紹介するのが、マンフロットの三脚「befree」シリーズ。コンパクトに折りたたむことができる、旅行用などで人気のシリーズです。

●befree アルミニウム三脚

befree_al_002

こちらは定番のアルミモデル。1.4kgと軽量なうえ、3段になっており折りたたみ時の高さは40cm。耐荷重は4kgと十分な性能です。

befree_al_001

ボール雲台キットの本稿執筆時点での直販価格は、22,982円(税込)です。

情報源: Befreeアルミニウム三脚ボール雲台キット

●befree カーボンファイバー三脚

befree_carbon_002

カーボンが大好きという方や(カメラと三脚を持っていくという段階ですでに大荷物なのですが、だからこそ)少しでも軽さにこだわりたい方におすすめなのは、こちらのモデル。

befree_carbon_001

こちらも3段仕様ですが、脚がフルカーボンになっています。重量は1.1kgです。耐荷重はアルミモデルと変わらず4kg。

ボール雲台キットの本稿執筆段階での直販価格は39,744円(税別)です。

●befree one アルミニウム三脚

そして2106年2月に発売されたのが、こちらの「befree one」。

befree_one_002

従来のbefreeシリーズがアルミ/カーボンともに3段だったところ、このbefree oneは4段となっているのが特徴です。格納高は32cmと、よりコンパクトになりました。

befree_one_001

自重は1.35kgで、耐荷重は3段モデルよりは小さい2.5kgとなっています。

本稿執筆段階での直販価格は21,254円(税込)です。

情報源: befree one アルミニウム三脚キット ブラック

情報源: マンフロットのトラベル三脚に小型モデル「befree one」 – デジカメ Watch Watch

リンク: Professional Photo & Video Tripods, Lighting, Bags | Manfrotto

(Gen SUGAI)