変わらぬ男臭さが魅力!? GTのハードテールMTB2016年モデル


スポーツサイクルが好きな方であれば、GTというブランド名を聞いたことはあると思います。みなさんはGTにどんなイメージを抱いているでしょうか。最近ではGTのグラベルロードを見かける機会もありますし、かつてはロードバイクでも独自のポジションを築いていました。クロスバイクが人気となった時期もあります。

それでもやはり、GTと言えばMTB(マウンテンバイク)ではないでしょうか。

DSC03947

GTのMTBには、独自のリアサスペンション機構を持ったフルサスバイクもあればハードテールバイクもありますが、今回はハードテールのほうに着目してみたいと思います。

GTのハードテールにおいてデザイン的な特徴となっているのが、「トリプルトライアングルフレーム」です。

DSC03954

こんなふうにフレームを作ったらガチガチになるような気がしないでもないですが、それもGTの個性的なところ。トリプルトライアングルのフレームや、ときにはちょっと泥臭い感も漂うカラーリングなどから醸し出される「洗練されているとは言い難い男臭さ」がGTらしさなのです!

個人的には、クロスバイクも含めて過去に3台、GTの自転車を所有してきました。

nomad_ltd

2001年モデルのクロスバイク「NOMAD LTD」。

050505_01

2002年モデルの「AVALANCHE 1.0」。

2004_zaskar

2004年モデルの「ZASKAR TEAM」。

こうやってみると、ずっと同じようなデザインですね。ZASKARは筆者が高校生だった90年代初頭には、すでにトリプルトライアングルデザインで世に出ていたので、ずいぶんと長続きしていることになります。

そんなGTの現行ラインナップから、ZASKARシリーズとAVALANCHEシリーズを紹介します。まずはクロスカントリー用の上位モデル、ZASKARシリーズから。ちなみに、ホイールサイズはすべて27.5インチです。

●ZASKAR SPORT

9267804_m

アルミフレームのエントリーモデル「ZASKAR SPORT」です。

フレーム:アルミ
フロントサスペンション:RockShox 30 Silver TK 27.5 Solo Air、100mm
メインコンポーネント:シマノ・デオーレ
価格:148,000円(税別)

●ZASKAR ELITE

9267739_m

こちらもアルミフレームのモデル。SPORTよりもパーツのグレードが上がっています。

フレーム:アルミ
フロントサスペンション:RockShox Recon Gold TK 27.5 Solo Air、100mm
メインコンポーネント:シマノ・デオーレXT
価格:218,000円(税別)

●ZASKAR CARBON ELITE

9265809_m

最上位モデルはカーボンフレームです。

フレーム:カーボン
フロントサスペンション:RockShox Recon Gold RL 27.5、Solo Air、100mm
メインコンポーネント:シマノ・SLX
価格:298,000円(税別)

続いて、入門クラスのハードテール「AVALANCHE」シリーズ。以前はクロスカントリーのZASKAR、オールマウンテンのAVALANCHEという作り分けがあったのですが、現在は入門グレード(の、ちょっと上)という位置付けです。

●AVALANCHE SPORT

9261529_m

派手なイエローが印象的なベーシックモデル。リア9速です。

フレーム:アルミ
フロントサスペンション:SR SUNTOUR XCT-HLO、100mm
メインコンポーネント:シマノ・アリビオ/アルタス
価格:71,800円(税別)

●AVALANCHE ELITE

こちらはリア10速仕様です。

9261720_m

フレーム:アルミ
フロントサスペンション:SR SUNTOUR XCR 32 RL DS、100mm
メインコンポーネント:シマノ・デオーレ
価格:99,800円(税別)

GTのマウンテンバイクは、日本ではライトウェイプロダクツジャパンが取り扱っています。詳細は同社のWebサイトでどうぞ。

リンク: GT公式サイト | ジーティー MTB

関連記事: 楽しみ方も自転車もいろいろ!マウンテンバイクの種類 – CyclingEX

(Gen SUGAI)