Panasonicの「POS」にチタンのエンデュランスロードが登場

Panasonic(パナソニックサイクルテック)のカスタムオーダーシステム「POS」が、12月1日より2016年モデルに切り替わっています。注目のニューモデルは、チタン・エンデュランスロードの「FRTD01」でしょう。

FRTD01_001

リンク: FRTD01|エンデュランス/チタン|POS|自転車|Panasonic

POSにはすでに、クロモリフレームにディスクブレーキ、そして700×28Cタイヤを装着可能なエンデュランスロードとして「ORCD03/FRCD03」がありますが、かねてから期待されていたチタンフレーム版も登場です。

FRTD01_002

ディスクブレーキ専用設計で、フロントフォークはカーボン。マウントはインターナショナルスタンダードタイプです。

FRTD01_003

リヤのブレーキアウターは、ダウンチューブに内蔵されます。

タイヤはクロモリモデル同様に700×28Cまで装着可能。また、ハーフサイズのフェンダー用に台座も付いています。

FRTD01_004

フレームセットのみの販売で、ワイヤー変速仕様とシマノDi2仕様(7970は非対応)を選択可能です。Di2仕様は直付け用バッテリー台座が設けられます(バッテリーは、対応シートポストを使えば内蔵タイプも利用可能)。

価格は、310,000円〜(フレームセット、税別)となっています。

なお、余談ですがPanasonic POSの2016年モデルツーリング車では……

pos_screenshot

デモンタブルが廃盤となってしまいました。

情報源: POS(パナソニックオーダーシステム)|自転車|Panasonic

(Gen SUGAI)




投稿者:

須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。