LOUIS GARNEAU 2016年モデル:ドロップ化も視野に入れたエアロデザインのフラットバーロード「LGS-RSR V」


ロードバイクのハンドルをドロップではなくフラットにした、いわゆる「フラットバーロード」は、ロードバイクに乗ってみたいけどいきなりドロップハンドルはちょっと……というような人や、街乗りメインだからフラットのほうがいい……といったような人に、根強い人気があります。

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)は、以前からフラットバーロードを数多く用意しているブランドで、過去には60万円弱のモデルなんていうのもありました。そして2016年モデルでは、エアロデザインのフラットバーロード「LGS-RSR V」が登場しています。

DSC04472

横から見たときに面積の大きいダウンチューブやシートチューブが特徴的なデザインです。

DSC04482

ダウンチューブを上方から見ると、幅が狭いのがわかります。

DSC04477

このへんがいかにもエアロ。

DSC04474

コンポーネントはシマノ・ソラ(リア9速)です。

ルイガノのフラットバーロードは、あくまでもフラットバーで乗るために、トップチューブは長めに取られていることが多いのですが、この「LGS-RSR V」に関しては、トップチューブが長くありません。まずフラットバーで乗ってもらい、慣れたらドロップに交換する……という使い方を視野に入れています(もちろん、フラットバーのまま乗り続けても構わないのですが)。

トライアスロンをやりたい人のための入門バイクという役割も、担っているようです。

サイズは395mm、430mm、465mm、500mmを用意、重量は9.26kg(430mm)、価格は110,000円(税別)となっています。

リンク: LOUIS GARNEAU / ルイガノ製品紹介

※本校執筆段階では2016年モデル未掲載です

(Gen SUGAI)