AXMANのエンデュランス系ロードバイク「ENDURO C1」と「ENDURO C1 DISC」

台湾のスポーツバイクブランド「AXMAN」から、エンデュランス系ロードバイクのニューモデル「ENDURO C1」が登場しています。

ROCKBIKESなどを手がける大阪のNYCが、2016年後半から取り扱っているのが、台湾の「AXMAN」。OEM生産で30年以上の歴史をもつ企業が立ち上げた自社ブランドです。

今回登場した「ENDURO C1」は、ロングライドのためのロードバイク。フレームはT800カーボンで、メインコンポーネントはシマノ・105を採用します。そして、リムブレーキバージョンの「ENDURO C1」と、油圧ディスクブレーキバージョンの「ENDURO C1 DISC」の2バージョンが用意されています。

以下、フレームカラー、サイズ、価格の紹介です。

●AXMAN ENDURO C1

photo_NYC

価格:190,000円(税別)
カラー:UD/BRILLIANT BLACK/SKY BLUE、UD/LILAC GRAY/NEON YELLOW
サイズ:45cm、48cm、51cm、54cm
発売日:2017年5月1日

●ENDURO C1 DISC

photo_NYC

価格:230,000円(税別)
カラー:UD/LILAC GRAY/NEON YELLOW
サイズ:45cm、48cm、51cm、54cm
発売日:2017年5月1日

photo_NYC

関連記事: NYCが新進気鋭ブランド「AXMAN」のロードバイクを販売 – CyclingEX

リンク: AXMAN – Asian Champion Ride AXMAN

(Gen SUGAI)



作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。