RALEIGH 2016年モデル:理想的な剛性とリーズナブルな価格を実現したステンレススチール「CRS」


先月、京急蒲田で開催された、「ARAYA」と「RALEIGH」を擁する新家工業の展示会。ブース内をふらふらと歩いていると、鈍い銀色のフレームが目に入りました。

IMG_8206

「ん、クロモリにこんな渋い仕上げのモデルが出たのか」と思って近寄ってみると。

IMG_8216

お、ステンレススチール。

実は、RALEIGHジャパンの2016年モデルではカーボンフレームが廃止となり、新たにフラッグシップとして登場したのが、このステンレススチールフレームの「CRS(Carlton Stainless Frame-set)」なのでした。

IMG_8214

ダウンチューブ。見きれそうになっていますが、Wレバー台座が付いています。

IMG_8210

1−1/8インチのインテグラルヘッド。

IMG_8218

リヤエンド、チェーンステーを後方から。フェンダー用ステーを装備(ボルトが出ているほうはチェーンフックとして利用可能)。

IMG_8209

ちょっと見にくいですが、チューブメーカーのステッカーが貼ってあります。

書かれているメーカー名は「CARPENTER」。このチューブ、ステンレススチールの中では硬すぎることがなく、理想的な強度と剛性を実現しているとのことです。

サイズは480、520、540の3種類で、重量はフレーム単体で1,550g(480mm)。

そして注目したいのは、その価格。フレームセットで232,000円(税別)となっています。従来のステンレススチールのイメージからすると、かなりリーズナブルです。

(Gen SUGAI)