軽自動車に自転車積むならやっぱり1BOX!? スズキ「エブリイ」と「エブリイワゴン」がフルモデルチェンジ


スズキは、軽1BOXバンの「エブリイ」と乗用車モデル「エブリイワゴン」をフルモデルチェンジし、2月18日より発売しています。

スズキ株式会社は、軽商用車「エブリイ」と軽乗用車「エブリイワゴン」を全面改良し、2月18日より発売する。

今回発売する新型「エブリイ」「エブリイワゴン」はともに、「広さ」「低燃費」「使いやすさ」を追求した軽ワンボックスである。

引用元: スズキ株式会社 四輪製品ニュース 2015年2月18日 スズキ、新型軽商用車「エブリイ」新型軽乗用車「エブリイワゴン」を発売.

everyvan

こちら↑が商用モデルの「エブリイ」。

everywagon

そしてこちら↑が乗用モデルの「エブリイワゴン」です。

ちなみに先代はこんなカタチ。

150219_mazda

OEM車の「マツダ・スクラムワゴン」で失礼します。こちらはまだモデルチェンジしていません。

【MAZDA】スクラムワゴン|カーラインナップ.

新旧見比べてみると、見た目の印象はほとんど変わりませんね。

まず商用バン「エブリイ」のほうから。

every_interior

こちらが、商用バン「エブリイ」のインテリア。このスペースが軽1BOXの魅力です。ホイールベースを拡大し、2名乗車時の荷室長は1,910mm。助手席前倒し時は床面長2,640mmの空間が出現します。

everyvan_shift

NAモデルのトランスミッションに、オートクラッチの5AGSが用意されるのもポイント。

every_esp

そして安全装備。レーダーブレーキサポートや横滑り防止装置が、グレード別メーカーオプション設定ながらも、装着できるようになりました。

every_join

前モデルに引き続き、乗用っぽいグレードの「JOIN」と「JOINターボ」も用意。こちらはフルフラットにしたり、MTBを積んだりといった様子も紹介されていて、パーソナルユースも視野に入れています。

最上級の「JOINターボ」以外のグレードはエコカー減税適用車で、5AGS車は免税、5MT車は「減税」となります。

150219_join_ZJ3

メーカー希望小売価格は、923,400円〜1,426,680円。写真の「JOIN 2WD 5AGS車」(NA)は、1,175,040円です。

続いて軽乗用車登録の「エブリイワゴン」。

everywagon_interior

商用「エブリイ」より質感の高いインテリアが採用されます。

everywagon_interior_2

前輪を前に出したスタイルゆえ、前席足元は相変わらずこんな感じ。この点については、パレットやタント、ウエイクやNBOXといったあたりと比べると分が悪くなるのは、仕方のないところ。

every_wagon_pzs_Z2S

エブリイワゴンは全グレードがターボエンジンとなり、エコカー減税適用外。アイドリングストップもありませんし、これも仕方のないところでしょうか。

every_wagon_arrange

ワゴンのシートアレンジの一例として、こちらでも自転車が出ています。スペースの広さを謳うクルマのシートアレンジ例に、自転車はもはや欠かせないものとなったようです。

every_wagon_safety

ワゴンのほうは、レーダーブレーキサポートや横滑り防止装置が全車標準となります。

every_wagon_pzturbo

グレード構成は、下から「JPターボ」「PZターボ」「PZターボスペシャル」となっていて、これは旧モデルと同じですね。全グレードで標準ルーフとハイルーフが選択できます。「長さは欲しいけどたかさは要らない」という人も、少なくないようです。メーカー希望小売価格は1,425,600円〜1,782,000円となっています。

最近の軽自動車はトールワゴンばかりですが、室内長に勝る軽1BOXを自転車のトランポとして活用している人も多いでしょう。ダイハツ・ウェイクが助手席を倒せば前後輪を外すことなくロードバイクが積めることをアピールしていましたが、エブリイ/エブリイワゴンのような軽1BOXであれば、助手席を活かしたままで、それが可能です。乗用タイプや商用タイプの上位グレードならリアシートが分割可倒ですから、さらに便利に使えますね。

詳しくは、スズキのWebサイトでどうぞ。

エブリイ | スズキ.

エブリイワゴン | スズキ.

(Gen SUGAI)