スポーツキッドがオリジナルブランドのヘルメット「IOP」を発表

スポーツインナーウェアや自転車ウェアを企画・販売し、下高井戸に店舗も構えている「スポーツキッド」が、オリジナルブランドのヘルメット「IOP」を発表しています。

先頭をきる、ヘルメットの新星。IOPヘルメット.

安全性、機能性、デザイン、価格のバランスを取って開発したとのことで、今回は2タイプ登場しています。

まずは「エアロタイプ シールド付き」。

141117_IOP_A_solid_wh

最近はやりの、ツルンとしたエアロフォルムのロードヘルメットです。サイズはM-L(54cm~60cm)、重さは330g±10gと発表されています。マグネット式のシールドが付属しています。

141117_IOP_A_racing_bl

カラーは単色やライン入り、グラフィック入りが各種用意されています。JCF公認で、価格は14,800円(税別)。

また、予備/交換用のシールドも発売されます。

141117_sp-kid_iop-a2014-shield

こちらは各色1,800円(税別)。

そしてもうひとつのヘルメット、「スポーツタイプ」。

141117_IOP_S_solid_wh

一般的な形状のヘルメットですね。サイズはM-L(54cm~60cm)、重量は260g±10g。

141117_IOP_S_cobra_rd

こちらもJCF公認で、価格は13,800円(税別)となっています。

詳しいカラーバリエーションは、IOPのWebサイトでどうぞ。

また、IOPヘルメットの発売を記念して、スポーツキッド下高井戸店およびイベント出店ブースでIOPヘルメットを購入すると、古いヘルメットを1,500円で下取りする期間限定のキャンペーンを実施中だそうです。期間限定(いつまで……とはWebにもリリースにも書いてありませんでした)とのことなので、興味のある方は問い合わせてみては。

先頭をきる、ヘルメットの新星。IOPヘルメット.

(Gen SUGAI)



作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。