ビギナーに快適性と安心感を提供するGIANTのロードバイク「DEFY 4」と「AVAIL 5」

はじめてロードバイクを買おうという人にとっての障壁はなんでしょう。

例えば「価格が高い」。単純に買える/買えないの問題もありますが、それだけではなく「どれくらいハマるか、趣味として自分に合うのかわからない」状態で決心できる金額には、やはり個人差がありますし、「できるだけ初期投資を抑えたい」と思うのは自然のことです。他にも「あんな前傾姿勢で大丈夫だろうか」「ドロップハンドルだし……」「タイヤもなんかすごく細い」等々、挙げればいろいとあることでしょう。

スポーツ自転車の裾野を広げ、より多くの人にその楽しさを知ってもらうために、各メーカーはさまざまな工夫をしたビギナー向けロードバイクを用意しています。今回紹介するジャイアントのアルミロードバイク「DEFY 4」も、そんな1台です。

141016_defy4_001

2014年の春に追加発売されたDEFY 4ですが、2015年モデルでもカラーチェンジして販売されます。DEFYシリーズは、レース向けの「TCR」シリーズと比較すると上体が起きたライディングポジションを取りやすい設計になっているのが特徴です。

141016_defy4_002

ハンドルはもちろんドロップハンドルですが、ハンドルの手前側のまっすぐな部分に、サブブレーキレバーがついています。フラットハンドルと同じような感覚でブレーキを使うことができるので、はじめてドロップハンドルの自転車に乗る人でも安心です。タイヤは、700×25C(幅25mm)。レース向けのロードバイクがだいたい23Cなので、ちょっとだけ太めです。

141016_defy4_003

ギア等のコンポーネントはシマノのエントリーグレード「クラリス」が使われています(クランクはPROWHEEL製)。フロントギアの歯数は50/34T、そしてリアは11-32T(8速)と、ロードバイクとしてはかなり軽いギアも付いている点も、ビギナーにやさしいと言えるでしょう。

価格は、80,000円(税別)。ヘルメットやライト等、ロードバイクを本格的に始めるために必要なアクセサリー類と併せて、頑張ればコミコミ15万円くらいでスタートできるのではないでしょうか。

2015 Giant Bicycle [DEFY 4].

そして、ジャイアントと言えば女性向けラインの「Liv(リブ)」も忘れてはいけません。DEFY4のLiv版とも言える「AVAIL 4」というモデルが用意されています。

141016_defy4_004_avail

基本的な構成はユニセックスモデルのDEFY 4に準じていますが、女性専用モデルとしてサドルからハンドルまでの距離を短く設計、より余裕のある乗車姿勢を取ることができます。そして、フレームサイズは小柄な女性のために小さめのものを用意、カラダに触れるハンドル等のパーツも、コンパクトなものになっているのが特徴です。価格は税別73,000円と、DEFY 4よりお求めやすくなっています。

2015 Giant Bicycle [AVAIL 5].

製品についての詳細は、メーカーWebサイトでどうぞ。

関連記事:コミコミ20万円で始めるロードバイクライフ 2015年版 | CyclingEX.

追記:アルミのDEFYシリーズに2016年モデルが登場しています。

新型TIAGRA仕様も登場したGIANTのアルミロード「TCR」&「DEFY」 | CyclingEX.

(Gen SUGAI)





1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。