ネットアップ・エンデューラも使用するFUJIのエアロロード「TRANSONIC」登場


FUJI(フジ)が、新しいエアロロードバイク「TRANSONIC(トランソニック)」を発表していました。スペシャルサイトが立ち上がっています。

140715_transonic_000

FUJI「TRANSONIC」スペシャルサイト

現在開催中のツール・ド・フランスで、FUJIのバイクが供給されている「ネットアップ・エンデューラ」がカタログには載ってないエアロロードを使ってるなぁとは思っていたのですが、これだったのですね。

2つのモデルが発表されています。

140715_transonic_001

こちらは上位モデルの「TRANSONIC SL」。フレームセットの販売で、価格は230,000円(税別)。サイズは46、49、52、54、56cmと5サイズ設定されています。

比較的安価な完成車もあります。

140715_transonic_002

上位グレードとはフレームの素材が異なる「TRANSONIC 2.7」です。シマノ・105完成車で、価格は240,000円(税別)。サイズ展開は上位モデル同様、46、49、52、54、56cmと5サイズ設定されています。

両モデル共通の仕様として、ブレーキは前後ともダイレクトマウントで、タイヤは28Cまで装着可能となっています。

ロードバイク、マウンテンバイク(MTB)、FUJI track(フジトラック)/ピストバイク|FUJI BIKE [フジ自転車],株式会社アキボウ.

(Gen SUGAI)