ダートだってOK!? ロードレーサーでもなければツーリング車でもない、ドロップハンドルのスポーツ自転車たち(1)GIANT REVOLT シリーズ


ドロップハンドルだけど、ロードバイクではない。

そんな自転車は以前からあって一定のファン層がいたわけですが、近年、シクロクロスバイクの延長線上にあるツーリング車やコミューター、そしてオンロードもオフロードも走りたい、かといってシクロクロスでもない「グラベルロード」などが注目されるようになり「ロードバイクではないドロップハンドルのスポーツ自転車」に対する注目度が上がっているように思います。

そこで、2014年モデルからいくつかピックアップしてみました。

トップバッターは、ジャイアントの「REVOLT(リヴォルト)」シリーズです。

140520_REVOLT_1_angle_3

2013年秋に開催された2014年モデル展示会において、かなり注目されていたモデルです。アルミフレーム+ドロップハンドル、そして700×35C以上とクロスバイクのような太さのタイヤ、そしてディスクブレーキを採用しているのが特徴です。

140520_REVOLT_1

↑機械式ディスクブレーキ採用の「REVOLT 1」は、150,000円(税別)。

140520_REVOLT_0

↑油圧式ディスクブレーキ採用の「REVOLT 0」は、330,000円(税別)となっています。

ジオメトリーを見ますと、

140520_revolt_geo

BB DROP(BBドロップ、BB下がり、ハンガー下がり……等と呼ばれる)が「65mm」となっています。これが同社のシクロクロスバイクだと「60mm」。一般的には、BBドロップの数字が大きい(=前ギアのクランク中心位置が低い)ほうが、安定性が良くなります。ただREVOLTの場合、それほど下げているという感じでもありませんね。また、REVOLTはホイールベースがシクロクロスバイクより長めに取られています。

製品情報は下記からどうぞ。

2014 Giant Bicycle [ BIKES ] X-ROAD PERFORMANCE.

昨年、展示会の直後に紹介したときの記事はこちらです。

GIANT 2014年モデル:ダートもオンロードも高速で駆け抜ける!新ジャンル「REVOLT」シリーズ | CyclingEX.

(Gen SUGAI)






BikeConscious