双胴チューブのフレームに内装変速を組み合わせた20インチ・ミニベロ「BE-ALL BT20-8」

ルイガノやコナ、BH等の代理店としておなじみのアキコーポレーションが、自社ブランドとして展開しているのが「BE-ALL」。その2014年モデルから、20インチの「BT20-8」を紹介します。

140501_beall_001

ハンドル付近から後輪まで、円弧を描いたデザインが特徴です。

140501_beall_002

ホイールサイズは20インチ(451サイズ)で、タイヤは20×1-1/8です。

記事タイトルにある「双胴チューブ」というのは、こういうこと。

140501_beall_003

眺めても楽しい作りです。フレーム素材は4130クロモリ。

以下、展示会での写真です。

140501_beall_004

横からの全体像です。フロントチェーンリングの歯数は46T、リアコグの歯数は16Tとなっています。

140501_beall_005

双胴チューブを上から見たところです。

140501_beall_006

そしてハンドル周り。ノースロードバーです。グリップシフトが装着されています。

140501_beall_007

そのグリップシフトから操作されるのは、シマノ・ネクサス インター8です。

サイズはワンサイズで380mm、重量は12.2kg。カラーは冒頭の2色、パールブルーとグリーンが用意されます。価格は74,000円(税別)です。

私は今、小径車を持っていないのですが、買い物に行ったり、本屋に行ったり、ちょっと離れた(15kmくらい)ところに珈琲を飲みに行ったりするのに、このBT20-8はいいなぁ〜と思いました。

製品情報は、BE-ALLのWebサイトでどうぞ。

BE・ALL / BonnetNoir | オフィシャルサイト / AKI Corporation.

(Gen SUGAI)






BikeConscious

投稿者:

須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。