ツール・ド・フランスを走る新しいSCOTT ADDICTと、CR1の2010年モデル

SCOTT(スコット)の新しいADDICT(アディクト)が、ツール・ド・フランスを走っていますね。見た目的には、ここ数年のSCOTTに見られた「カクカク」とした感じがなくなっています。サイクリングタイムさんのところに、メーカー提供と思われる写真がたくさんアップされていました。

リンク: CYCLINGTIME.com : 使用バイク.

マーク・カヴェンディッシュ(コロンビア・ハイロード)はスペシャルカラーのバイクに乗っています。

リンク: Mark Cavendish (Columbia-High Road) Is Shooting Down The Competition With This Custom Scott Addict. Photos | Cyclingnews.com.

SCOTTって、近年プロサイクリングシーンの常連になって、大きくイメージが変わったブランドのひとつですよね。確か、ジャンドラツールに供給した2002年に、初めてツールを走ったと記憶しています。以下に当時の写真が小さく出ていました。当時、土肥志穂さんがレポートした原稿&写真ですね。

リンク: muffin-net.

写真は今日優勝したパトリスのチームが乗っているスコットのロードバイク。

もちろん「CR1」という、当時としては衝撃的だった超軽量カーボンフレームの存在も大きかったでしょう。日本の実業団レースやヒルクライムレースの会場でもよく見かけました。そのCR1の2010年モデルも、海外では発表になっているようです。

リンク: Scott 2010 Range Preview | Cyclingnews.com.

記事を読むと、CR1はコンフォート寄りにモデルチェンジして、ADDICTとはっきり性格が分かれるみたいですね。