BRIDGESTONE 2017年 レース供給バイク

2月初め、ブリヂストンサイクルから、2017年のチーム運営やサポーチ体制についての発表会がありました。2020年に東京で開催されるオリンピックへの出場とメダル獲得を目指し、「ブリヂストン アンカー サイクリングチーム」の運営に加え、トライアスロン、パラサイクリングなどを幅広くサポートします。

情報源: ブリヂストンサイクル株式会社 東京2020 オリンピック・パラリンピックに向けた レーシングチーム・サポート選手の体制発表|ニュースリリース 2017 |ブリヂストンサイクル株式会社

発表の内容は上記リンク先などをご覧いただくとして、ここでは供給されるバイクを紹介します。

写真提供_ブリヂストンサイクル

2016年の全日本選手権ロードを制した、ブリヂストン アンカー サイクリングチーム・初山翔選手のANCHOR RS9。

写真提供_ブリヂストンサイクル

そしてこちらが、2016年の全日本選手権でTTを制したブリヂストン アンカー サイクリングチーム・西薗良太選手に供給されるANCHOR RT9です。

この2台は、全日本選手権を制した初山選手と西薗選手のためのスペシャルカラーです。

写真提供_ブリヂストンサイクル

こちらは、トライアスロンの上田藍選手が乗る、BRIDGESTONEロゴのANCHOR RS9。

写真提供_ブリヂストンサイクル

そして、トラック競技の選手に供給される、ANCHOR TR9。こちらもBRIDGESTONEロゴです。

ちなみに、2017年モデルのANCHOR RS9にBRIDGESTONEロゴをあしらった限定モデルが、ごく少数販売されたようです。

関連記事: BRIDGESTONE ANCHOR racing bikes for Japanese athletes – japan.cycling-ex.com

関連記事: ブリヂストンサイクルが東京2020 オリンピック・パラリンピックに向けたレーシングチーム・サポート選手の体制を発表 – BRI-CHAN

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like