鶴見川沿いに現れた巨大構造物

鶴見川の川沿いを上流から下流に向かって自転車で走っていき、日産スタジアムが見えてくるあたりまで来ると、巨大な構造物が姿を現します。

IMG_9484

二重高架!

IKEA港北が見えて、第三京浜の小机大橋をくぐって、すぐの場所です。

この大きな構造物は、現在建設中の高速道路「横浜環状北線」です。生麦ジャンクションと港北インターチェンジを結びます。大半はトンネルなのですが、港北インターチェンジ側では「亀甲橋」付近で地上に出て、そこから第三京浜の港北インターまで二重高架で駆け上がります。

IMG_9483

港北インターのループも巨大なのですが、個人的にはこちらの二重高架のほうが、インパクト大。

IMG_9497

これ、かけるところ見たかったなぁ。

IMG_9494

川の向こうには、日産スタジアムや新横浜プリンスホテルが見えます。

ただ、どれだけ栄えても、新しい商業施設やスタジアム、道路などができても、このあたりのちょっと荒涼とした(地元の方ごめんなさいね)、鶴見川沿いらしい雰囲気が消えないのも面白いと思います。小机とか、ぜんぜん変わらないですよね。

横浜環状北線は、横浜市の交通ネットワークの骨格を形成する『横浜環状道路』の北側区間、第三京浜道路「港北インターチェンジ」から首都高速道路横浜羽田空港線「生麦ジャンクション」をつなぐ自動車専用道路です。

情報源: 横浜環状北線

(Gen SUGAI)




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです