TREK 2022年モデル:29erのトレイルバイクに進化した「Roscoe」

TREK(トレック)のハードテールMTB「Roscoe(ロスコ)」の2022年モデルが、新設計のフレームを採用しホイールサイズも改めて登場しています。

photo_トレック・ジャパン

これまで27.5+のホイール&タイヤと120mmトラベルのフロントフォークを採用していたRoscoeですが、2022年モデルではフレームを一新、ホイールサイズは小さなものを除き29erとなり、フロントフォークは140mmトラベルへと変更。径が大きくて太いタイヤと、より懐の深いフロントのトラベル量により「遊べるトレイルハードテール」としてさらなる進化を遂げています。

photo_トレック・ジャパン

見た目からして大きく変更されているフレームですが、従来モデルがリアにQRのBoost 141を採用していたのに対して、2022年モデルではスルーアクスルのBoost 148になりました。これの設計が、29×2.6″という太いタイヤとワイドなギア比を可能にしています。

なお、XSサイズのみ27.5ホイールを採用し、タイヤサイズは27.5×2.60″となります。

Roscoe 7

フレーム:Alpha Gold Aluminum
フロントフォーク:RockShox Recon Silver RL(140mmトラベル)
ドライブトレイン:シマノ・デオーレ(1×12)
ブレーキ:シマノ・MT200
サイズ:XS、S、M、M/L、L、XL
価格:187,000円(税込)

Roscoe 8

フレーム:Alpha Gold Aluminum
フロントフォーク:RockShox 35 Gold RL(140mmトラベル)
ドライブトレイン:SRAM・NX Eagle/GX Eagle/X1 Eagle(1×12)
ブレーキ:シマノ・MT4100/MT420
サイズ:XS、S、M、M/L、L、XL
価格:254,100円(税込)

リンク: Roscoe | Trek Bikes (JP)

※世界的な需要増と供給不足により、多くのメーカー・代理店で2022年モデルが在庫僅少や納期未定といった状態になっています。詳しくは取扱販売店にお尋ねください。

(SUGAI Gen)


作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。