GIANT 2022年モデル:豊富なラインナップを誇るオールラウンダー「TCR」シリーズ


GIANT(ジャイアント)が先行発表している2022年モデルの中から、「トータルレースバイク」を謳うTCRシリーズを紹介。昨春フルモデルチェンジしたばかりなので大きな変更はありませんが、多彩なラインナップを誇っています。

TCR ADVANCED SL 1 DISC

エアロ性能と軽さ、剛性を両立させたオールラウンダーであるTCRシリーズの上位グレードとして君臨する「TCR ADVANCED SL DISC」は、Advanced SL-Gradeのフレームと、上側1-1/4インチ径、下側1-1/2インチ径のヘッド規格「OverDrive 2」を採用しています。

photo_ジャイアント

こちらのモデルはメインコンポーネントにSRAM・FORCE eTap AXSを搭載、ギアクランクにはパワーメータも付属します。ホイールはGIANTの「SLR 1 42 DISC Hookless Carbon」です。

価格:946,000円(税込)

TCR ADVANCED SL DISC FRAME SET

TCR ADVANCED SL DISCのフレームセットです(電動コンポーネント専用)。

photo_ジャイアント

価格:407,000円(税込)

TCR ADVANCED SL FRAME SET

TCR ADVANCED SLの、リムブレーキ仕様フレームセットです。

photo_ジャイアント

リムブレーキのハイエンドモデルが欲しい人には、貴重な存在です。

価格:374,000円(税込)

TCR ADVANCED PRO 0 DISC FORCE ETAP

フレーム素材はAdvanced-Grade Compositeとしつつ、上位モデルと同じくヘッド規格はOverDrive 2を採用、そしてシートポストはフレーム一体型ではない「VARIANT Composite シートポスト」として、扱いやすさも兼ね備えたのが「TCR ADVANCED PRO DISC」です。

photo_ジャイアント

こちらの完成車は、メインコンポーネントに電動ワイヤレスのSRAM・FORCE eTap AXSを採用。GIANT製のパワーメーターも付属しています。ホイールは「GIANT SLR 1 42 DISC Hookless Carbon」です。

価格:748,000円(税込)

TCR ADVANCED PRO 1 DISC RIVAL ETAP

TCR ADVANCED PRO DISCのSRAM RIVAL eTap AXS完成車です。

photo_ジャイアント

GIANT製のパワーメーターが付属、ホイールはGIANT SLR 1 42 DISC Hookless Carbonを採用しながら、60万円を切る魅力的な価格設定です。

価格:572,000円(税込)

TCR ADVANCED PRO 1 DISC ULTEGRA

TCR ADVANCED PRO DISCのシマノ・アルテグラ完成車です。

photo_ジャイアント

価格:528,000円(税込)

TCR ADVANCED 1 DISC KOM

TCR ADVANCED DISCは、フレーム素材をAdvanced-Grade Composite、ヘッド規格は「OverDrive」としたベーシックグレード。

こちらはシマノ・アルテグラを採用したモデルです。「KOM」はワイドレンジのギアで激しい上りに対応できる仕様で、50/34Tのクランクセットと11-34Tのスプロケットが搭載されています。

価格:352,000円(税込)

TCR ADVANCED 2 DISC KOM

TCR ADVANCED DISCのシマノ・105完成車です。

こちらも「KOM」仕様で、50/34Tのクランクセットと11-34Tのスプロケットを採用しています。

価格:302,500円(税込)

TCR ADVANCED 1 KOM

TCR ADVANCEDには、リムブレーキ仕様の完成車も用意されます。

photo_ジャイアント

こちらはシマノ・アルテグラを搭載し、コンパクトクランクとワイドなスプロケットを搭載した「KOM」仕様。

価格:308,000円(税込)

TCR ADVANCED 2 KOM

リムブレーキ版TCR ADVANCEDの、シマノ・105完成車です。

photo_ジャイアント

コンパクトクランクとワイドなスプロケットを搭載した「KOM」仕様です。

価格:253,000円(税込)


個人的にはTCR ADVANCED PRO 1 DISC RIVAL ETAPが、コストパフォーマンスで圧倒してるな……という感想です。また、リムブレーキの選択肢が残されているのもよいですね。

リンク: 2022 パフォーマンスモデルを先行発表 – News

(SUGAI Gen)


ソニー α7C ズームレンズキット シルバー [ILCE-7CL S]