GIANTがクロスバイク2022年モデル「ESCAPE R DISC MS」と「ESCAPE R3 MS」を発表

GIANT(ジャイアント)が、クロスバイク2022年モデルとして、「ESCAPE R DISC MS(エスケープRディスク MS)」と「ESCAPE R3 MS(エスケープR3 MS)」を先行発表しています。女性向けブランド「Liv(リブ)」の「ESCAPE R3 W MS(エスケープR3 W MS)」も同時発表されました。

[追記]下記の写真はいずれもサンプルであり最終仕様と異なる。

ESCAPE R DISC MS

ESCAPE R DISC MS photo_ジャイアント

日本のクロスバイク市場における「定番の中の定番」として君臨する「ESCAPE R3」のディスクブレーキバージョンです。

2022年モデルでは、フレームのリアセンターと呼ばれる部分、つまりクランク軸から後輪の軸までの距離を伸ばすなど、フレームの設計を改良。安定感、快適性、利便性を高めています。

モデル名に「MS」と入っていますが、一部コンポーネントにMICROSHIFT(マイクロシフト)製のものが採用されました。具体的には、フロントディレイラーはマイクロシフト・TS39、リアディレイラーはシマノ・アルタスとなっています。

価格:67,100円(税込)
サイズ:365(XXS)、430(XS)、465(S)、500(M)mm
カラー:フォレストグリーン、ブルー・ダークシルバー、マットダークシルバー

[追記] 2022年2月1日より価格は79,200円(税込)。

ESCAPE R3 MS

ESCAPE R3 MS photo_ジャイアント

扱いやすい「Vブレーキ」を採用したベーシックモデルである「R3」も、マイナーチェンジを受けています。カラーこそ2021年モデルの継続ですが、やはりフレームのリアセンターが伸ばされています。そしてESCAPE R3 MSでは、リアディレイラーもマイクロシフトのものが採用されます。

軽量な車体やクッション製の高いサドル、適度な太さのタイヤなどによって、シティサイクルからの乗り換えでもすんなり馴染む1台です。

価格:57,200円(税込)
サイズ:365(XXS)、430(XS)、465(S)、500(M)mm
カラー:サンバーストイエロー、ブラックトーン、ホワイト、レッドオレンジ、ブルー

[追記] 2022年2月1日より価格は67,100円(税込)。


「ESCAPE R DISC MS」と「ESCAPE R3 MS」についての詳細は、下記リンクからどうぞ。

GIANTのライフスタイルカテゴリクロスバイク「ESCAPE R DISC MS(エスケープRディスク MS)」、「ESCAPE R3 MS(エスケープR3 MS)」の2022モデルを先行発表いたします。

情報源: 2022モデル「ESCAPE R DISC MS」「ESCAPE R3 MS」を先⾏発表 – News

Liv ESCAPE R3 W MS

ジャイアントの女性向けブランド「Liv」からも「ESCAPE R3 W MS」が発表されました。

Liv ESCAPE R3 W MS photo_ジャイアント

小柄な女性向けにフレームを専用設計とし、サイズ展開も小さめのものとなっています。ユニセックスモデル同様に、フレームのリアセンターを伸ばすなどの改良が施されました。リアディレイラーもマイクロシフトのものが採用されます。

価格:57,200円(税込)
サイズ :345(XXS)、400(XS)、440(S)mm
カラー:クラシックブルー、ミント、パールホワイト、ブラウン

[追記] 2022年2月1日より価格は67,100円(税込)。


Liv ESCAPE R3 W MSの詳細は、下記リンクからどうぞ。

Livのライフスタイルカテゴリクロスバイク「ESCAPE R3 W MS(エスケープR3 W MS)」の2022モデルを先行発表いたします。

情報源: 2022モデル「ESCAPE R3 W MS」を先⾏発表 – Liv / NEWS

※一部記述を修正しました

[2022/1/21 追記] 2022年2月1日からの新価格を記載しました。

(SUGAI Gen)

投稿者:

須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。