アルミフルサスモデルも登場:TREKのE-MTB 2021年モデル


TREK(トレック)がE-MTB 2021年モデルを発表。アルミフレームのフルサスモデル「Rail 5」が追加されている。

Rail 5

2021年モデルで新たに追加された、アルミフレームのフルサスE-MTBが「Rail 5」だ。

photo_トレック・ジャパン

150mmのリアトラベルを備えるアルミフレームと、下りを楽しめるジオメトリーが特徴のトレイルライド向けモデルで、ホイールサイズは29erとなる。

photo_トレック・ジャパン

パワーユニットにはBosch「Performance Line CX」を採用、バッテリーは625Whの容量をもち、1充電あたり175kmの走行が可能という。

価格は599,000円(税別)。

Rail 9.7

カーボンフレームのフルサスモデル「Rail 9.7」は、カラーを変更。バッテリーは、500Whのものから625Whのものへとアップデートされている。

価格は790,000円(税別)。

photo_トレック・ジャパン
photo_トレック・ジャパン

Powerfly 5

E-MTBの楽しさを気軽に味わえる、アルミハードテールモデルの「Powerfly 5」。こちらもカラー変更と、バッテリーのアップデート(500Wh→625Wh)が実施されている。

価格は485,000円(税別)。

photo_トレック・ジャパン
photo_トレック・ジャパン

詳細は、トレック・ジャパンのWebサイトでどうぞ。

リンク: Trek Bikes – The world’s best bikes and cycling gear | Trek Bikes (JP)

※本稿執筆時点では一部モデル未掲載

(SUGAI Gen)