Cannondaleがグラベルバイク「Topstone」にレフティ版とE-BIKE版を追加


キャノンデール・ジャパンが、グラベルバイク「Topstone Carbon」のニューモデルとして、レフティ版とE-BIKE版を追加し発表しています。

photo_キャノンデール・ジャパン

2020年モデルとして昨年発表された、リアサスペンションをもつグラベルバイク「Topstone Carbon」。今回新たに追加されたのは、Cannondaleならではの肩持ちサスペンションフォーク「Lefty」を搭載したバージョンと、(なんと)E-BIKEです。

photo_キャノンデール・ジャパン

Topstone Carbon Lefty

キャノンデール・ジャパンは「Topstone Carbon Lefty」について、『遊び心を忘れず、ジャンルにとらわれることなく、あらゆる瞬間を最大限に楽しむという初代グラベルバイクSlate(スレート)の真髄を継承しつつ、グラベル用に開発された最新フォークLefty Oliver(レフティオリバー)を搭載した誰も成し得なかったフルサスペンショングラベルバイク』であると説明します。

Topstone Carbon Lefty 3 photo_キャノンデール・ジャパン

昨年「Topstone Carbon」が発表され話題となる一方で、Leftyを搭載した「Slate」がカタログ落ちしたことにガッカリした人も、少なくなかったのではないでしょうか。今回のTopstone Carbon Leftyは「Slate欲しかったのに」という人への、ひとつの回答なのかもしれません。フォークのトラベル量は30mmですが、グラベルライドではこの30mmが効果を発揮するでしょう。

Topstone Carbon Lefty 3 photo_キャノンデール・ジャパン

Topstone Carbon Leftyのラインナップは「1」と「3」の2モデルとなっています。メインコンポーネントは「1」がSRAM Force eTap AXS HRD、「3」がシマノ・GRX(11速)を採用。タイヤサイズはどちらも650×47Cとなっています。ホイールを交換し700×37Cを使用することも可能です。

Topstone Carbon Lefty 1 photo_キャノンデール・ジャパン

Topstone Carbon Lefty 1
価格:750,000円(税別)

Topstone Carbon Lefty 3
価格:380,000円(税別)

Topstone Neo Carbon/Topstone Neo Carbon Lefty

そして今回の大きなトピックであるE-BIKEバージョンが、「Topstone Neo Carbon」と「Topstone Neo Carbon Lefty」です。

photo_キャノンデール・ジャパン

Cannondaleから発売されている他のE-BIKE同様に、アシストユニットはBosch製を採用しています。

photo_キャノンデール・ジャパン

「Topstone Neo Carbon 4」は700×37Cタイヤでリジッドフォークを搭載し、メインコンポーネントはシマノ・GRX(10速)採用。「Topstone Neo Carbon Lefty 3」は650×47CタイヤでLefty搭載、メインコンポーネントはシマノ・GRX(11速)です。

Topstone Neo Carbon 4 photo_キャノンデール・ジャパン
Topstone Neo Carbon 3 Lefty photo_キャノンデール・ジャパン

Topstone Neo Carbon 4
価格:500,000円(税別)

Topstone Neo Carbon 3 Lefty
価格:600,000円(税別)


製品についての詳細は、CannondaleのWebサイトでどうぞ。

リンク: キャノンデール | Cannondale Bikes – Creating the Perfect Ride

(SUGAI Gen)