SPECIALIZEDのE-BIKEにクロスバイクタイプの「TURBO VADO SL」が登場


スペシャライズド・ジャパンが、クロスバイクタイプのE-BIKE「TURBO VADO SL(ターボ ヴァド エスエル)」シリーズを発表しています。

Turboシリーズ待望のクロスバイクタイプ

photo_スペシャライズド・ジャパン

2020年より日本にもE-BIKEを続々と投入している、SPECIALIZED。ロードの「TURBO CREO」、フルサスMTBの「TURBO LEVO SL」に次いで発表されたのは、フラットハンドルのスポーツモデル「TURBO VADO SL」です。

photo_スペシャライズド・ジャパン

写真を見てわかるように、同社のクロスバイク「SIRRUS(シラス)」に近いイメージを持ち、上位グレードの「5.0」には同社独自のショック吸収システム「Future Shock」が搭載されています。

photo_スペシャライズド・ジャパン

フェンダーやキャリアを標準装備したモデルも用意し、通勤から趣味のサイクリングまで幅広いニーズを満たすE-BIKEです。

思い切った割り切りで軽量化を実現

photo_スペシャライズド・ジャパン

これまで日本で発表されたTURBOシリーズと同様に、SPECIALIZEDオリジナルのアシストユニットを搭載しています。もちろん日本の法規に合わせてあり、アシストが行われるのは時速24kmまでです。

photo_スペシャライズド・ジャパン

ステムの上にはディスプレイが、ハンドルバーにはスイッチが備わるほか、フレームのトップチューブ(上辺)には「TURBO CONTROL UNIT」が備わり、アシストのオン/オフやモード切り替えが可能です。このTURBO CONTROL UNITのほうがメインスイッチで、ハンドルバーに備わるのがリモートスイッチという位置付けです。

スマートフォンアプリ「MISSION CONTROL」が用意されており、アシストレベルなどをチューニングすることも可能です(もちろん、日本の法規内で)。

photo_スペシャライズド・ジャパン

VEDO SLはバッテリーがダウンチューブに内蔵されており、内蔵バッテリーだけで130kmのアシスト走行が可能。

このバッテリーは、ユーザーが取り外すことを想定していません。充電するには、モーター付近に設けられたポートに充電ケーブルを差し込みます。これにより構造がシンプルになり、軽量化に寄与していとのこと。車体重量は約15kgです。

なお、別売オプションの「SL Range-Extender Battery」を加えれば、さらに65kmのアシスト走行が可能です。

製品ラインナップ

VADO SLシリーズの製品ラインナップは、下記のとおりです。

VADO SL 5.0

photo_スペシャライズド・ジャパン

価格:420,000円(税別)
カラー:Brushed Aluminum / Black Reflective
サイズ:S、M、L

VADO SL 5.0 EQ

価格:440,000円(税別)
カラー:Tarmac Black / Cast Reflective、Brushed Aluminum / Black Reflective
サイズ:S、M、L

VADO SL 4.0

価格:330,000円(税別)
カラー:
Crimson Red Tint / Black Reflective、
Abalone / Black Reflective、
Satin Neary Black / Black Reflective
サイズ:S、M、L

VADO SL 4.0 EQ

価格:350,000円(税別)
カラー:Dove Gray / Asid Lava / Cast Black Reflective、
Navy / White Mountains Reflective
サイズ:S、M、L

SL Range-Extender Battery

photo_スペシャライズド・ジャパン

価格:45,000円(税別)

リンク: SL Range-Extender Battery | Specialized.com


詳細については、SPECIALIZEDのWebサイトやオフィシャルブログでどうぞ。

リンク: Turbo Vado SL | Specialized.com

リンク: e-Bikeの未来が、今ここに。超軽量なe-Bike Turbo Vado SL(ターボ ヴァド エスエル)デビュー

リンク: TURBO VADO SLに関するFAQ

(SUGAI Gen)