TREK 2020年モデル:ハードテールとフルサスレースバイクとの間を埋めるXCバイク「Supercaliber」


TREK(トレック)の2020年モデルとしてXC向けMTB「Supercaliber(スーパーキャリバー)」が発表されています。

photo_トレック・ジャパン

「ハードテールとフルサスとの間を埋める斬新なXCバイク」と謳うSupercaliberには、どんな機構が採用されているのでしょうか。

photo_トレック・ジャパン

TREKとFOXが4年という期間をかけて開発した「IsoStrut(アイソ・ストラット)」こそが、新しいSupercaliberのキーテクノロジー。

photo_トレック・ジャパン

IsoStrutはフレーム一体型の60mmトラベルサスペンションであり、ハードテールのように軽く、フルサスバイクのようなトラクションが得られると、TREKは説明します。

photo_トレック・ジャパン

シートステーは、ピボットレス構造です。高い強度をもちつつしなりを生むOCLV Mountain カーボンが、それを可能にしています。

photo_トレック・ジャパン

XCレース向けであるため、全モデル全サイズで29erを採用します。



ラインナップは下記のとおりです。

●Supercaliber 9.9

photo_トレック・ジャパン

メインコンポーネント:SRAM XX1 Eagle
価格:1,050,000円(税別)

●Supercaliber 9.8

photo_トレック・ジャパン

メインコンポーネント:SRAM GX Eagle
価格:648,000円(税別)

●Supercaliber 9.7

photo_トレック・ジャパン

メインコンポーネント:SRAM NX Eagle
価格:539,000円(税別)

製品情報は下記リンクからどうぞ。

リンク: Supercaliber | Trek Bikes (JP)

(Gen SUGAI)