美しさと空気抵抗の削減を両立させた4世代目のDE ROSA MERAK


DE ROSA(デローザ)の2020年モデルで「MERAK(メラク)」の名称が復活しました。

photo_日直商会

初代のMERAKは、フルアルミのスパルタンなレーサーでした。その後、アルミ×カーボンバックの2代目、カーボンの3代目が存在しました。

数年のブランクを経て2020年モデルとして登場した4代目は、DE ROSAの新しいブランドロゴとともに登場した、3つの新しいカーボンバイクの中のひとつです。

photo_DE ROSA

すべてのワイヤーをフレームに内蔵させ、ハンドルとステムも一体化したFSA ACR SYSTEMを採用したことで、美しさを空気抵抗の削減を両立させている、新型MERAK。

photo_DE ROSA

BB86規格のBBシェルはアルミスリーブを使わないなど、細部まで軽量化にこだわり、54サイズのフレーム単体で800gを達成しています。

photo_DE ROSA

DE ROSAのラインナップの中ではオールラウンダーという位置付けですが、その軽さを活かしてヒルクライムでも活躍できるフレームです。

カンパニョーロ・コーラスを搭載したディスクブレーキ完成車、ディスクブレーキ仕様のフレームセット、リムブレーキ仕様のフレームセットが用意されています。

カンパニョーロ・コーラス完成車:670,000円(税別)
ディスクブレーキ仕様フレームセット:485,000円(税別)
リムブレーキ仕様フレームセット:価格未定

※完成車の仕様は、ハンドル+ステム、コンポーネント、ホイールなどが写真と一部異なる。

リンク: DE ROSA

(SUGAI Gen)