FUJI 2020年モデル:形状を一新して復活したエアロロード「TRANSONIC」


2019年モデルではラインナップから外れていたFUJI(フジ)のエアロロード「TRANSONIC(トランソニック)」が、2020年モデルで形状を一新して登場です。

photo_アキボウ

完全に新しくなったフレーム形状

2018年モデルまでは楕円形状のチューブや、リアセンターを詰められて湾曲したシートチューブが特徴でしたが、2020年モデルは現在主流の角断面かつカムテール形状となっています。



photo_アキボウ

そして製品写真を見てすぐわかるように、ディスクブレーキ仕様も登場しました(リムブレーキ仕様もあり)。

TRANSONIC 1.1 DISC

新しいTRANSONICシリーズの最上位モデルです。

photo_アキボウ

シリーズ中唯一、軽量な「C15 HCウルトラハイモジュラスカーボン」を使用したディスクブレーキ仕様です。フレーム&フォークの重量は1.45kg。専用のステムとハンドルバーも付属します。

フレームセットでの販売で、価格は340,000円(税別)です。

TRANSONIC 2.5 DISC

フレーム形状はそのままに、フレーム素材を「C10 ハイモジュラスカーボン」としたグレードです。

photo_アキボウ

こちらはシマノ・105完成車として販売されます。ブレーキも、105の油圧ディスクを搭載しています。

価格は390,000円(税別)です。

TRANSONIC 2.1

リムブレーキ仕様のフレームセットです。

photo_アキボウ

フレーム素材は「C10 ハイモジュラスカーボン」となっています。

フレームセットの価格は280,000円(税別)です。

TRANSONIC 2.5

リムブレーキ仕様の105完成車です。

photo_アキボウ

こちらも、フレーム素材は「C10 ハイモジュラスカーボン」。価格は360,000円(税別)です。

リンク: ロードバイク、マウンテンバイク(MTB)、FUJI track(フジトラック)/ピストバイク|FUJI BIKE [フジ自転車],株式会社アキボウ

(Gen SUGAI)