TREK 2020年モデル:トラベル量が増加したフルサスXCバイク「Top Fuel」


TREK(トレック)から、クロスカントリーMTB「Top Fuel」の2020年モデルが発表されています。現時点で公開されているのは、OCLVカーボンフレームの「Top Fuel 9.8」と、アルミフレームの「Top Fuel 8」です。

Top Fuel 9.8 photo_トレック・ジャパン
Top Fuel 8 photo_トレック・ジャパン

ホイールサイズは、すべてのフレームサイズで29erとなります。



従来モデルでは前後100mmトラベルを採用していたフルサスXCモデルのTop Fuelシリーズですが、2020年モデルではトラベル量がフロント120mm、リア115mmへと増加しています。また、ヘッドアングルを寝かせてリーチを伸ばしたジオメトリーとすることで、下りでの安心感と操作性を高めています。

Top Fuel 9.8とTop Fuel 8のどちらもドロッパーシートポストを標準装備し、ダウンチューブにはフレームプロテクターを備えるなど、今までのトレイルモデルとXCモデルの性能が融合しているのも特徴です。

価格は、Top Fuel 9.8が584,000円(税別)、Top Fuel 8が350,000円(税別)です。

情報源: Top Fuel | Trek Bikes (JP)

(Gen SUGAI)