cahrifuriのオリジナルフレーム「CF01」がついに正式発売


アパレルブランド「narifuri」の自転車部門である「cahrifuri」による初のオリジナルフレーム「CF01」が、ついに正式発売となります。

photo_charifuri

cahrifuri CF01とはどんなフレームか

photo_charifuri

2018年のサイクルモードで発表された「CF01」。そのコンセプトは「好きなように自由に組み立てられるということ」とされています。具体的には、エレベーテッドチェーンステーにより見る者にインパクトを与えるルックスながらも、自転車としての普遍性を持たせているのが特徴です。

photo_charifuri

ドライブ側に採用されたエレベーテッドチェーンステーも、 決して見た目だけを狙ったものではありません。

エレベーテッドチェーンステーには、チェーン暴れによるメカトラブルの回避やメンテナンス性の向上といったメリットがあります。そして、エンドをスライド式とすることで、スポーツサイクルとして一般的な外装多段ギアだけでなく、内装変速やシングルスピード、さらにはベルトドライブなど、コンポーネントの選択肢が大幅に広がっています。

乗り手の多様なスタイルを受け止めるCF01

コンポーネントの選択肢が広いことに加えて、フレーム等の随所に工夫をすることで多様な組み方を可能にし、さまざまなスタイルで自分だけの1台を作り上げることができます。極力、規格に縛られず、乗り手の自由な発想を妨げないようになっているのです。

charifuriではそれを「今の大人が持つDIY 精神の根っこにあるプラモデルのような楽しみを思い出させる」と表現しています。

ドロップハンドルと多段ギアでグラベルスタイルにも(写真左列)、ブルホーンとシングルスピードでストリートクルーザーにも(写真中央列)、そしてベルトドライブと内装変速でコミューターにも(写真右列)。もちろんこれは、charifuri CF01完成車例の、ほんの一部でしかありません。

フレームギャラリー

どうしてもエレベーテッドチェーンステーに目が行くCF01ですが、汎用性の高さにも注目。

ディスクブレーキ(ポストマウント)とリムブレーキ(Vおよびカンチ)のどちらにも対応し、2サイズのエンドプレートが付属することでエンド幅130mmと135mmを選択可能、そして700x42Cタイヤ+古フェンダーにも対応するクリアランス、そして 1/-1/8(オーバーサイズ)のヘッドパーツ径、68mm幅スレッドのBB、27.2mm径のシートポストと、幅を持たせるところは持たせ、オーソドックスにするところはオーソドックスに——という構成になっています。

photo_charifuri

自転車の側から乗り手にイメージを植え付けないために、ヘッドバッジやロゴのデカールも選択式。もちろん、デカールを貼らないという選択もアリです。

完成例クローズアップギャラリー

CF01は、フレームセットが90,000円(税別)で販売されます。この価格設定であれば、「家に余っているパーツをかき集めると1台組めるんじゃないか……」なんていう妄想も、ついつい捗ってしまいそう。

用意されるフレームサイズは4種類で、適応身長目安は下記のとおりとなっています(組み方によってだいぶ変わってくるので、あくまでも“目安”)。

XS(500):158〜168cm
S(525):164〜174cm
M(545):172〜182cm
L(565):178〜189cm

2019年6月28日(金)発売。詳しくは「narifuri」のオフィシャルサイトや、東京および京都の店舗でどうぞ。

リンク: narifuri ナリフリ オフィシャルサイト

関連記事: CYCLE MODE international 2018:強い個性を放ちながらも乗り手の自由な発想を邪魔しない「charifuri CF01」 – CyclingEX

(Gen SUGAI)