Campagnoloのカーボンホイール「BORA」が「BORA WTO」に進化


カワシマサイクルサプライが、Campagnolo(カンパニョーロ)のカーボンホイール「BORA WTO」の発売を発表しています。

レース用カーボン製ホイールの代名詞的な存在である、カンパニョーロ・BORA(ボーラ)。その最新版として登場した「BORA WTO」は、シリーズのDNAを受け継ぎ、エアロ性能をよりいっそう高めるべく開発されました。

「BORA WTO 60」は、クリンチャー/チューブレス対応の2-WAY-FIT仕様リムを採用。さまざまなヨー角の風に対し空気抵抗を極限まで抑え込む独自の形状となっています。

ハブとスポークも新たに設計されており、ワイドフランジのアルミハブは中央部を大きく窪ませることで、空気抵抗を削減しています。

また、フロント専用で77mmハイトの「BORA WTO 77」も発売されています。

BORA WTO 77 photo_カワシマサイクルサプライ

価格等は下記のとおりです。

●BORA WTO 60(F+R)
カラー:ブライトラベル、ダークラベル
リムタイプ:フルカーボン、クリンチャー(2-Way Fit)、高さ60mm、19C
スポーク:ステンレス、フロント18本、リア21本-G3パターン
ハブ:アルミボディ、アルミオーバーサイズフランジ、USBセラミック・ボールベアリング
重量:1,550g(フロント 670g+リア 880g)
価格:カンパニョーロボディ/300,000円(税別)、HGボディ/301,000円(税別)

●BORA WTO 77(フロントのみ)
リム:フルカーボン、クリンチャー(2-Way Fit)、高さ77mm、19C
スポーク:ステンレス、フロント16本
ハブ:アルミボディ、CULTセラミック・ボールベアリング
重量:755g(フロント)
※カンパニョーロ用、シマノ用2種類のブレーキパッドが付属

リンク: カワシマサイクルサプライ

(Gen SUGAI)