GIANTが2019年モデルの新型トレイルMTB「TRANCE 29」シリーズを発表

GIANT(ジャイアント)が、2019年モデルとして新型トレイルMTB「TRANCE 29」シリーズを発表しました。日本国内における詳しいラインナップは、2018年8月末に発表するとしています。

photo_ジャイアント

2018年モデルでは27.5インチのみだった、TRANCEシリーズ。同シリーズに29erが設定されるのは、日本市場では2013年モデルの「TRANCE X 29ER 0」以来となります。

BOOST規格の採用、フロント130mm、リア115mmというストローク量をもつこと、そしてチェーンステイ長が435mmで、ヘッド角が66.5°、シート角が74.5°であることなどが、リリース文で発表されています。

また、ADVANCEDグレードのカーボンモデルと、ALUXX-SLアルミモデルが用意されるとのことです。

情報源: 新型トレイルバイク TRANCE 29 シリーズ 発表 – INFORMATION



現在のところ、カーボンモデル2種、アルミモデル1種の画像が掲載されていますが、どのようなラインナップになるかは、8月末までのお楽しみ。

photo_ジャイアント
photo_ジャイアント
photo_ジャイアント

ビデオはこちら。

また、グローバルサイトにはアダム・クレイグなどが登場するインタビュー動画もあります。

情報源: Trail Boss – Giant Bicycles | Official site

最後に、2013年モデル、つまり2012年の秋に発表された「TRANCE X 29ER 0」を振り返ってみましょう。

TRANCE X 29ER 0(2013) photo_ジャイアント

シート角が73°(XSは74°)、ヘッド角は69.5°、そしてリアセンターは452mmでした。フロントフォークは15mmアクスルを採用していましたが、リアはエンド幅135mmのQRでした。

情報源: 2018 Giant Bicycle [ Archive of bikes ]

リンク: Giant Bicycle

(Gen SUGAI)