J SPORTSのハイライト動画で振り返るツール・ド・フランス2018中盤戦


ツール・ド・フランス 2018は2度目の休息日を迎えています。ここで、第10〜14ステージをJ SPORTSのハイライト動画とともに振り返りましょう。

第10ステージ:アルプス3連戦の初日をアラフィリップが制する

アルプスを越えるステージが3つ続く、その初日。アタックを何度もしかけたジュリアン・アラフィリップ(クイックステップフロアーズ、フランス)が残り30kmを独走して、今ツール初のフラン人選手によるステージ勝利。アラフィリップは山岳賞ジャージも手にしました。

総合首位のグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(BMCレーシングチーム、ベルギー)は、逃げに乗って4位フィニッシュしマイヨ・ジョーヌを守っています。



第11ステージ:ゲラント・トーマスが総合首位に!スプリンターが続々脱落!

ふたつの超級山岳を含む厳しいコースで、ここまで総合首位を守っているヴァンアーヴェルマートが、このステージでマイヨ・ジョーヌを手放すことになるのは想定内。

レースは中盤以降チーム・スカイががっちりコントロールして、ゲラント・トーマス(チーム スカイ、イギリス)が鮮やかな逆転優勝。クリス・フルーム(チーム スカイ、イギリス)がステージ3位に入りました。トーマスは総合首位となりマイヨ・ジョーヌに袖を通し、フルームが総合2位に。

そして、マーク・カヴェンディッシュ(チーム ディメンションデータ、イギリス)、マーク・レンショー(チーム ディメンションデータ、オーストラリア)、マルセル・キッテル(チーム カチューシャ・アルペシン、ドイツ)がタイムアウトとなってしまいました。

第12ステージ:ゲラント・トーマスが連勝、さらにスプリンターが消える

アルプス3連戦のラストも、ラルプ・デュエズへと至る大変厳しい超級山岳ステージで、今大会のクイーンステージとなります。

ステフェン・クライスヴァイク(チーム ロットNL・ユンボ、オランダ)の逃げがとても印象的でしたが、レースを制したのは今日もゲラント・トーマスでした。当然、トーマスが総合首位を守っています。トム・デュムラン(チームサンウェブ、オランダ)は連日の2位。

このステージでも、スプリンターが途中リタイアやタイムアウト。

アンドレ・グライペル(ロット・ソウダル、ドイツ)、トニー・ガロパン(アージェードゥゼール・ラ・モンディアル、フランス)、ディラン・フルーネウェーヘン(チーム ロットNL・ユンボ、オランダ)、リック・ツァベル(チーム カチューシャ・アルペシン、ドイツ)、フェルナンド・ガビリア(クイックステップフロアーズ、コロンビア)は途中リタイア。

ドミトリー・グルズジェフ(アスタナ プロチーム、カザフスタン)、レイン・タラマエ(ディレクトエネルジー、エストニア)はタイムアウトとなってしまいました。

第13ステージ:ニバリがスタートせず。アルプスを耐え抜いたサガンが3勝目を挙げる

前日のラルプ・デュエズで落車がありながら粘ったヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ、イタリア)ですが、結局負傷していたとのことで、この日スタートしなかったのは残念。

レースは、アルプス3連戦をしっかり耐え抜いたペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ、スロバキア)がスプリント勝負を制して、今大会3勝目。やっぱり強い!

第14ステージ:フライレがキャリア初のツール・ド・フランス ステージ勝利

途中、32名という大きな逃げ集団が形成されたこのステージ、最後の山岳でアタックしたオマール・フライレ(アスタナ プロチーム、スペイン)が、自身初のツール・ド・フランス区間勝利を挙げました。ジロでステージ1勝、ブエルタでは2度の山岳賞を獲得した実力者ですが、やはりツールのステージ勝利は格別のようです。

4位には、しっかりサガンが入っているのが驚き。

第15ステージ:コルトニールセンがキャリア初のステージ勝利、アスタナ2連勝!

序盤から大きな逃げ集団ができましたが、総合上位勢を含まない逃げのため、メイン集団はマイペースを守ります。2日連続で、先頭集団とメイン集団との間には大きな差が付きました。

ゴール前に先頭でやってきたのは、バウケ・モレマ(トレック・セガフレード、アメリカ)、ヨン・イサギーレ(バーレーン・メリダ、スペイン)、マグヌス・コルトニールセン(アスタナ プロチーム、デンマーク)の3人。スプリント力に勝るコルトニールセンが、キャリア初のツール・ド・フランスでのステージ勝利を挙げ、アスタナに2連勝をもたらしました。

総合勢に動きはありませんでした。



第15ステージ終了時点での成績

第15ステージ終了時点での成績は、下記のとおりです。

個人総合順位
1 ゲラント・トーマス(チーム スカイ/イギリス)in 62h 49’47”
2 クリス・フルーム(チーム スカイ/イギリス)at 01’39”
3 トム・デュムラン(チームサンウェブ/オランダ)at 01’50”
4 プリモシュ・ログリッチェ(チーム ロットNL・ユンボ/スロベニア)at 02’38”
5 ロメン・バルデ(AG2R/フランス)at 03’21”
6 ミケル・ランダ(モヴィスター チーム/スペイン)at 03’42”
7 ステフェン・クライスヴァイク(チーム ロットNL・ユンボ/オランダ)at 03’57”
8 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)at 04’23”
9 ヤコブ・フグルサング(アスタナ プロチーム/デンマーク)at 06’14”
10 ダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ/アイルランド)at 06’54”

ポイント賞
1 ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)452 pts
2 アレクサンドル・クリストフ(UAEチームエミレーツ/ノルウェー)170 pts
3 アルノー・デマール(グルパマ・エフデジ/フランス)133 pts

山岳賞
1 ジュリアン・アラフィリップ(クイックステップフロアーズ/フランス)92 pts
2 ワレン・バルギル(チーム フォルテュネオ・サムシック/フランス)70 pts
3 セルジュ・パウエルス(チーム ディメンションデータ/ベルギー)66 pts

新人賞
1 ピエール・ラトゥール(AG2R/フランス)in 63h 07’15”
2 ギヨーム・マルタン(ワンティ・グループゴペール/フランス)at 02’27”
3 エガン・ベルナル(チーム スカイ/コロンビア)at 06’16”

チーム総合順位
1 モヴィスター チーム(スペイン)in 188h 47’32”
2 バーレーン・メリダ(バーレーン)at 07’10”
3 チーム スカイ(イギリス)at 42’22”

敢闘賞
114 ラファル・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ/ポーランド)

情報源: 【ツール・ド・フランス2018 第15ステージ結果速報】コルトニールセンがツール初出場&初優勝で2日連続アスタナ勝利、総合勢に動きなし : コラム | J SPORTS

情報源: ツール・ド・フランス2018 : サイクルロードレース | J SPORTS

関連記事: J SPORTSのハイライト動画で振り返るツール・ド・フランス2018前半戦 – CyclingEX

関連記事: J SPORTSがツール・ド・フランス2018を全21ステージ独占生中継、オンデマンドでは全行程現地実況・解説(英語)でのLIVE配信も – CyclingEX

関連記事: NHK BS1で放送されるツール・ド・フランス2018デイリーハイライト番組「Daily ツール・ド・フランス 2018」 – CyclingEX

(Gen SUGAI)