GIANT 2019年モデル:軽量アルミロードの新型105搭載グレード「TCR SLR 2」


GIANT(ジャイアント)が、アルミフレームのロードバイク「TCR SLR 2」の2019年モデルを発表しています。

photo_ジャイアント

カーボンフレームのTCRシリーズがもつ軽さと剛性のバランス、そして振動吸収性能を、アルミフレーム再現することを目指して開発された現行TCR SLRシリーズが登場したのは、2017年モデル(2016年夏発表)。ALUXX SLRグレードのアルミフレームや、GIANT独自の「OverDrive 2」コラム採用カーボンフォークなどにより、470(M)サイズの完成車で重量8.0kgと、十分な軽さを実現しています。

photo_ジャイアント

2019年モデルは、コンポーネントが新型105となっています(クランクセットは50/34Tのコンパクト仕様)。カラーはシンプルなホワイトと、赤とシルバーの差し色を配したマットブラックの2色展開です。

ホイールがGIANT P-R2 DBL、タイヤはGIANT GAVIA AC 1 700×25C Tubeless Readyという足回りは従来どおり。チューブレスバルブとシーラントが付属します。

価格:185,000円(税別)
サイズ:425(XS)、445(S)、470(M)、500(ML)mm
重量:8.0kg(470mm)
カラー:ホワイト、マットブラック

リンク: ジャイアント

(Gen SUGAI)