COLNAGO 2019年モデル:ロングセラーのスチールフレーム「MASTER」は継続販売

COLNAGO(コルナゴ)の2019年モデルから、ロングセラーのスチールフレーム「MASTER」を紹介します。

LX4(ホワイト×ブラック)

……と言っても、変わっていません。変わったのは、製品呼称が「MASTER X-LIGHT」から「MASTER」になったくらいでしょうか。価格も、カラーも2018年モデルからの継続です。

LX4(ホワイト×ブラック)

でも、それでいいのです。MASTERには、毎年変わらなてはいけない理由などありません。

LX10(ブルー)

ジルコ加工と呼ばれる星形断面のチューブ、メッキされたラグ、1インチのストレートフォーク、10mm刻みのサイズ展開、パマペイント社による塗装——。

LX10(ブルー)

変わることなく、MASTERはそこにあります。

カラーはLX4(ホワイト×ブラック)とLX10(ブルー)に加え、日本別注の2色が引き続き設定されます。

OFJW(ホワイト)

カラーはLX4(ホワイト×ブラック)とLX10(ブルー)ではトップチューブに「コルナゴ坊や」も描かれ、いかにもレーサーといった佇まいなのに対して、日本別注のOFJW(ホワイト)とOFJR(レッド×ブラック)は落ち着いたイメージとなっています。

OFJR(レッド×ブラック)

サイズは490mm〜600mm(10mm刻み)。アヘッド仕様とスレッド仕様が選択可能です。

LX10(ブルー)

価格は330,000円(フレームセット、税別)となっています。

リンク: コルナゴ

※本稿執筆段階では2019年モデル未掲載

(Gen SUGAI)





作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。